忍者ブログ

HAL’s Blog

気になったものを適当にまとめる趣味ブログ。 最近はPCゲーム、というかFF15中心。 PCでの閲覧推奨ですが、サイトデザイン変わり記事のリスト表示が崩れていて直せる気がしません。

FFVersusXIIIのリークまとめ2(19/12/5リーク1つ追記)



『ヴェルサス』(Final Fantasy Versus XIII / ファイナルファンタジーヴェルサス13)のリークまとめが長くなって容量制限となったので記事分けました。

前回記事:FFversusXIIIのリークまとめ

7.2016/12/6 元開発者の子供からのリーク
8.2016/12/9 『FF15』元開発者リーク
9.2016/12/24 フェラーリ氏のリーク
10.2017/1/9 ステラのスクショリーク
11.2017/3/15 ヴェルサスシナリオのメール

続き:FFversusXIIIのリークまとめ3





7.2016/12/6 元開発者の子供からのリーク(19/12/5追記)

4chanの『FF15』のスレッドに投稿された「ヴェルサスについて質問ある?」のレス。
ストーリーラインが前日に投稿された6項のリークとほぼ同じため、それを見ながら答えてるとも思ったが、さらに詳細な箇所もあるため、6項のリークを投稿した人と同一人物かもしれない。
質疑形式の場合、質問に即した内容を短時間で答える必要があるため、信憑性の高いシナリオリークである6項よりさらに信憑性の高いリークと言えます。
リーク者と思われる投稿のみ投稿時間順にピックアップして、質問は簡単な翻訳で載せます。

Versus XIIIの話に関して何か質問はありますか?
「キャラクターXの運命」などの短い質問で、私はたわごとを書き込むのが面倒です。
約1時間あり、画像は無関係です。

【ヴェルサス13と15のプロットの違いは?】
書き込むには多すぎるが、プロットは完全に異なります。
XVで彼らを呼ぶ「シガイ」は、病によってモンスターになった人間ではありませんでした。
彼らはKHのようなハートレスに基づいてました。
レイヴスは主要な敵対者であり、盲目でした。
アーデンは彼を使役しました。
Varstaelは、3つのゲームの1つの主要な敵対者であり、メインの悪役でした。
ゲンティアナはより大きな役割を果たし、クレイラスとグラディオラスは裏切り者であり、最初のゲームで死んだ。
ほんの数例を挙げます。

【ヴァーサタイルは完全にめちゃくちゃだ】
彼はプロンプトの父でもあります。

【ヴェルサスに全ての台本があったというのは見せかけで、ただのコンセプトでありゲームはなかったはず】
Versus XIIIには、完全な台本とシナリオが記述されていました。
2012年後半にわずかですが重要ではない変更が行われ、2014年初頭から2014年後半に完全に変更されました。
それ以降、何度も書き直されましたが、同程度の変更ではありません。

【ノクティスとステラはどうなりますか?】
NoctisはXVと同じように死にますが、まったく異なる方法で死にます。
彼は玉座で眠っているように見えますが、実際には死んでいます。
ステラはアーデンに操られ、ノクティスの最初のゲームでは「救われた」が、2番目のゲームでは非常に病気になった。
3番目のゲームでは、彼女は後半に操作可能になっており、最後にはエトロの代わりになるはずでした。

【レイヴスはどうなりますか?】
彼はまた、ステラのようにアーデンによって操作されます。
彼は死者の光を見る力を持っていたので、幼い頃に自分の視力を破壊したため盲目でした。
彼の両親が暗殺されたとき、彼の臨死体験が来ました。
最初のゲームは彼を最後のボスとメインの悪役として設定しますが、彼とのボス戦は真の最後のボスであるClaurusの直前です。

【ヴェルサス13と15のプロットの違いは?】(の追加回答)
レギスは40歳若かった。
彼はマフィアのゴッドファーザーのように見え、おそらくインソムニアも同様に実行されたと思われます。
XVのRegisは、典型的なナイスガイパパキングです。
レギスはもっと暗くなっただろうが、おそらく悪ではないだろう。

ステラは帝国のために戦っていました。
XVでは、帝国によるテネブラエへの攻撃中に、レギスはステラとレイヴスの母親を見捨てます。
XVの世界では、これによりRavusは腹を​​立て、Regisに復讐するために帝国への忠誠を誓います。
FFXVのStellaは、敵対的な役割を担っていたため、おそらく同様の目標を念頭に置いていました。
または、Versusに該当しない場合、ステラはより高い階級の帝国の娘、おそらくイドラ自身でさえありました。
彼女は魔性の女の役割を果たしましたが、それでもある種の神凪でした。

VersusではNoctisとStellaのどちらも臨死体験をしました。
これにより、彼らはVersusユニバースの死神であるEosに会うことができ、デスノートで言う死神の目を与えられました。

Versusでは、4つの王国すべてにクリスタルがありました。
ゲームの開始までに、帝国は他の2つのクリスタルを支配し、最後のクリスタルはルシスにありました。
レギスは帝国に最後のクリスタルを与えることを拒否しましたが、基本的に長い戦争が繰り広げられたのはレギスの頑固さのせいだったため、市民の多くは彼を嫌いになりました。
レギスに対するこの憎しみは王の剣に残されました。
王の剣の一部のメンバーのおかげで、帝国は都市に侵入することができました。
移民に関係するものとして説明が不十分でした。

レギスがギャングスターのようだったのと同様に、イグニスもそうでした。
彼は低レベルのヤクザのメンバーの特徴を持っていましたが、XVでは、彼は単なる本の虫であり、ノクティスのママの代理人です。

Versusでは、プロンプトは最近Noctisと友達になった移民でした。
GladioとIggyはPromptoが好きではありませんでした。
彼は新人で、ノクティスとインソムニアの写真を撮るのが好きだったので、彼がスパイであると信じていました。

ゲームはインソムニアの侵略で始まり、車を押すところからではありません。

【各国に4つのクリスタルというのはFF零式に似すぎだ】
ゲームの基本的なプロットはすでに零式に似ていますが、4つのクリスタルをすべて処理した場合、最後のクリスタルを取得しましょう。
(↑これはリーク者ではないかも)

【クレイラスが1部の真のラスボスとは?】
クレイラスには、レギスに対する劣等感がありました。
彼の家系は、大昔から王を守る任務を負っていました。
アミシティア家とチェラム家は、破ることのできない運命によって結びついていました。
クレイラスは王になり、チェラム家を根絶したかった。
イドラはクレイラスにRegisを殺し、指輪とクリスタルを彼に引き渡す限り、Lucisの王国を彼に与え、彼が望むようにそれを支配させることを約束しました。
ゲームの終わりにNoctisと仲間がRavusと戦っている間、クレイラスはレギスを訪問してレギスを消耗させました。
クレイラスは、裏切りと次の王になるという意図、そして指輪を奪うという彼の意図を公然と認めています。
レギスは彼に、彼がルシスの最後の王として下る者であり、彼自身の息子にさえ、誰にも王位を譲るつもりはないと告げます。
クレイラスとレギスは戦い始めますが、レギスを消耗させてもクレイラスは勝てません。
未知の部外者(後にArdynであることが明らかになった)は、戦いに干渉してクレイラスに優位を与え、その瞬間に彼がレギスを殺すのを助けました。
この時点で、レイヴスは死に、クレイラスは指輪を手にして現れ、グラディオはパーティーを裏切り、ステラは最後の戦いであるグラディオラス&クレイラス戦でのゲストパーティーメンバーになります。
戦いの後、カットシーンが始まり、ほとんどの仲間が倒れ、ノクティス、クレイラス、グラディオラスだけが立っているのを見せます。
いくつかの対話の後、クレイラスとノクティスは彼らのファントムソードで戦い始めますが、互角に見えます。
クレイラスはグラディオに助けを求め、グラディオは彼らに向かって走り出しますが、クレイラスを後ろから攻撃し、クレイラスは焦点を失い、ファントムソードのコントロールを失います。
ノクティスはすでに彼の剣で攻撃を投げていたが、それを止めるには遅すぎた。
GladioとClarusの両方が死にます。

【ノクティスとステラの関係は?】
最初のゲームでの関係はあまりロマンチックではありませんでした。
2つの家族がお互いを連れ去ることを期待して、チェラム家と戦うために、ステラはアーデンによってラヴスと一緒に操られていました。
後に、ノックス・フルーレ家とルシス・チェラム家だけがエトロの門が放つ光を見ることができることが明らかになりました。
彼の計画は、両方の血統を破壊して、眠りからエトロを目覚めさせることでした。

ゲームの前半におけるノクティスとのステラの関係はそれほど複雑ではありません。
ステラはノクティスを尊敬しますが、ノクティスを殺して世界を救い、疫病を止めるのが彼女の運命だと彼女は信じています。
ゲームの後半では、ノクティスとステラが過去に出会ったことが明らかになりました。
彼らがまだ若かったとき、彼らはソルハイムで一緒に臨死体験を経験をしました。
この時点から、彼らはゆっくりと過去のことを思い出し始め、友人としてのみ親しくなります。

2番目のゲームでは、ステラはエトロと彼女の目覚めに関連する陰謀により非常に病気になります。
ノクティスは彼女を救うことを約束し、彼女をゲームの大部分に連れて行きます。
彼女は戦わない。
この部分は、彼らの関係がロマンチックに成長する場所です。

3番目のゲームでは、Noctisがシナリオのほぼ半分で死亡し、Stellaは残りのゲームの主役になります。
フラッシュバックを通じて、その瞬間まで台本がそれを暗示しているにもかかわらず、彼らは明らかにロマンチックに関与していたことが明らかになります。
台本は、彼らがセックスしたかどうかを明確にしません。
暗示されているだけです。

次の質問が最後の質問です。

【どうやってこれを知った?】
私の母はFFXVに取り組み、台本化されたサイドクエストイベントの計画とサイドクエストのストーリー台本の作成を担当しました。

彼女は7ヶ月前に手放されました。
彼女は元の台本を含む多くのものにアクセスできました。
今、ヨーロッパに戻りました。

これで終わりにするが、私がVersus xiiiがディズニーのないキングダムハーツになることを意図していたと言ったら信じなさい。
同時に進行する無数のサブプロット、多くのひねり、および多くのKHプロットがベースとして使用されました。
たとえば、光vs闇に大きな焦点があり、キングダムハーツは死者の王国に置き換わりました。
人々は、ハートレスのように、彼らの欲望と負の感情のためにモンスターに変身しました。
そして、RavusはRikuのずっと暗いバージョンになることを意図していた。

最後に、XVは最終ゲームの結果よりもはるかに大きなストーリーとして始まりました。
これらは、ゲームがそんなに急いだストーリーとなった3つの理由です。

1)完全なオープンワールドという決定。
これは、2014年に田畑端によって起こりました。
それまでのゲームには、ff12に似ていますが、より大きな画面をロードすることによって分割された大きな環境がありました。
この決定により、世界地図が完全に再構築されました。
結局、彼らはゲームの後半で完全なオープンワールドに行くことを管理できず、そのために多くのストーリーを切り取って書き直さなければなりませんでした。
たとえば、コルはソルハイムで死ぬことを意図していたが、都市とその地域を時間内に完成させることができなかったので、それに関連するすべてのサブプロットとプロットを切り取った。

2)ルミナスは本当に大したことではありませんが、スクエニはチームが別のCrystalツールシナリオを購入する余裕がなかったため、ゲームと一緒にエンジンを使用して完成するよう圧力をかけました。
これに伴い、オープンワールドがさらに難しくなりました。

3)チームにはまったく自信がなかった。信頼ゼロみたいに。
彼らはゼロから作り直し、ストーリーを書き直し、カットシーンを削除/作り直しました。
母は私に、雰囲気はいつもとても憂鬱だと言った。

終わり。

【元の台本を投稿できますか?】
【ルーナは死んで退場することが意図されてた?】
【「田畑が前半、野村が後半を担当した」というクレーム?】
クソ野郎ども。これが本当に最後の投稿です。

私は台本の投稿を行うことができましたが、その後、私と私の母はおそらくスクエニによって訴えられます。

いいえ、ルーナは他の仲間と一緒に10年間成長することを意図されていました、
彼らは彼女のために準備されたデザインさえ持っていました。

2013年10月以降、野村はFFXVに対して何もしませんでした。
彼は三部作からゲームを削減するように頼まれました。
スクエニがCEOを変えて、彼は異なる計画とビジネス戦略を持っていたからです。
野村は拒否し、基本的に新しいCEOに自分自身とファックするように言いました(厳密にはそうではありませんが、非常に腹を立てていました)。
野村が監督しているFF7Rは、北瀬が原因であり、スクエニはXVよりもFF7Rでリスクを負うことにはるかに自信があるためです。

ちなみにFF7Rは、どのように作られたのかという点ですべて北瀬に基づいてます。
彼はプロジェクトの立ち上げに多大な努力をし、野村をディレクターにすることは北瀬の願いであり、それはしばらくの間社内の大きな問題でした。
新しいCEOは以前のものとは異なるFF7Rのアイデアを愛していましたが、完全に異なるものにしたくなかったからです。
北瀬は野村がFF7Rだけに取り組むことが大丈夫だった間、本当に野村が監督になることを望んでいた。
しかし、彼が完全に創造的な自由を手に入れることを安心させない限り、それをディレクティングさせません。
最終的に、彼は2014年5月に北瀬と野村の両方が望んでいたものを手に入れました。

「母親が開発者」のリークの存在はしっていたもののソースが見つけきれず後回しにしてましたが、こんなに詳細かつ大量のリークだったとは驚きました。
身内が開発者というだけでは内部事情やヴェルサスシナリオに詳しすぎる理由として弱いので、仮に本物のリークだとしたら「母親が開発者」という体にしてるだけで開発者本人なのかもしれません。


8.2016/12/9 『FF15』元開発者リーク

4chanに投稿された「FF15元開発者だけど質問ある?」スレッド。
全てではないですが以下に質問を含めた翻訳がまとめられてます。
参考:FF15: 海外掲示板「FF15元開発者だけれど質問ある?」スレを全訳、カットされたコンテンツやヴェルサス13のストーリーが明らかに

質問を辿るのが大変なのと、本記事は意訳せずgoogle翻訳するのが目的なので、NeoGAFにまとめられている元開発者の回答だけを載せることとします。文脈はなんとなくで読み取ってください。
一問一答形式で詳細に答えていることやDLCでキャラクター毎の新メカニックが搭載されると断言してたりと、これも限りなく「本物のリーク」だと思われます。
ただ、ヴェルサス部分については同僚から聞いたことを思い出しながら書いたみたいなので少し信憑性が下がります。

ゲームは今年が終了する前にリリースされました。それは契約的なものであり、それは新しいディレクターとの開発が始まる前に石に設定されました。
だからこそ、このゲームでの最後の数ヶ月は苦痛だったのです(そして、7月から10月が私の仲間にとってどのようになっていたか想像できませんでした)。

並べ替え。昨年、ファンはグラディオラス、イグニス、プロンプトとしてプレイするように頼み続けたため、ゲームのストーリーは書き直されました。
そのため、それらのキャラクターのプレイ可能なチャプターをナラティブに挿入する必要がありましたが、作業する時間がなかったため、ダウンロードからダウンロードするという決定が最初から行われました。
時間内に終了できなかったため、カットされたゲームレベル、シーン、オプションがあることを知っています。
ダウンロードとしてリリースされるかどうかはわかりませんが、そうなることを願っています。

ゲームの結果に対する全体的な感情は、「もっとできたはずだ」と思います。
チームは文字通り時間を使い果たしました。
リリース日にはならないことを知っていたので、未完成のままになっているようなクールなコンセプトやものがありました。
しかし、チームはゲームに取り組んできたことを非常に喜んでおり、時間を無駄にしたとは感じていませんでした。
今、彼らはゲームに取り組み続け、彼らのビジョンに合わせてゲームを改善していくと確信しています。

ゲームは未完成です。チームは、7月の状態でリリースされた場合、批評家によって破壊されると感じたため、ゲームは遅れました。

開発時間のほとんどは、Lucisエリアに集中していました。
ゲームの後半部分には、キャラクターが探索できる(より小さい)エリアがあるはずですが、まだ完成していませんでした。

メインキャラクターの一人は、チームの一部の人からリンゴと呼ばれていました。誰だと思う?

FF部分について。このゲームに取り組んでいる間、クラシックFFをプレイすることは必須だったので、私は彼らに愛を深めました。
彼らはきちんとしていると私はそれらのいくつかを以前にプレイしていたと思います。

そのうちのいくつかは、確かにダウンロードとしてダウンロードしたり、アセットを再利用したりできると確信しています。
しかし、書き直されたストーリーに合わないために、いくつかのレベルがリリースされないのではないかと心配しています。

私は、このゲームは開発に費やせる時間に対して野心的すぎたことに同意しなければなりません。

そのタイプの材料が漏れるとは思いませんが、誰が知っていますか?

Versus XIIIの全容を知らないが、チームメイトがいくつかの詳細について話しているのを聞き、いくつかのことについても尋ねたので、何かを知りたい場合は答えられるかもしれない。

私の意見では、開発プロセスの唯一の問題は、時間がないことであり、時にはプロモーション資料のためだけに実際のゲームの一部ではないものを作成するために開発時間を費やしたことです。
私はそれがPRチームのために行われる必要があることを理解しています。
全体として、私はこのゲームが大丈夫であると判明したと思うし、それに取り組んできたことを非常に誇りに思う。

私は解雇されず、契約は更新されませんでした。

私自身は問題を解決しませんでしたが、コンソールシステムプロセスへの移植は神経質になりました。

彼らはゲームを尊重し、ファンを失望させ、デザインの選択のいくつかが非常に疑わしかったこと以外、ゲームについて悪いことは聞いていません。

ゲームの終わりのことをあなたは言う?
解釈のために開いたままにしておくべきだったと思う。
私が正しく思い出せば、彼らは死のシーンや何かを持っているとは思わなかったので、私は彼らが生きていると思います。

私は今も元雇用主と交渉中です。

何のイズニア?千年前のイズニアを意味する場合、それはノクティスの祖先です。

いいえ、私たちはゲームに取り組むために素材(資産、コンセプトアートなど)を使用しました。

遅い男に答えてすみません、スレッドは速く動いています。

私が言ったように、ほとんどの開発時間の焦点はLucisエリアになったため、ゲームの後半部分には準備ができていないカットコンテンツが多くありました。
しかし、私が知る限り、帝国は一度到達すれば完全に混沌としているという事実は変わりません。

彼らはパーティーメンバーについてであり、彼らの周りに構築された新しいメカニックを紹介します。
しかし、彼らの仕事は私が去る前にほとんどかからなかった。

ソルハイム地域に関しては、私たちはそれに取り組みませんでした。
カットされなかったので、ゲームが伝えようとしていたストーリーに合わなかったと思います。

リヴァイアサンのレベルについて話すと、昨年はレベルの設計が少し異なっていたことを覚えていますが、うまく動作せず、エンジンに問題があったため、再設計する必要がありました。

私は13ユニバースの用語やもののプロットにそれほど馴染みがないので、おそらくこれは間違っていますが、ゲームには複数のクリスタルが存在し、各クリスタルにはボディーガードとして機能する家族がいたと思います。
ノクティスはルシス家の一部であり、ヒロインは他の家系の一部でした。
そして、ゲームは死と関係が深いため、ノクティスは死んだ家族の武器を継続的に使用していました。

特定のレベル(シヴァ像のある雪の多いエリア)は、数週間ノンストップで作業し、その後そのレベルのブートレッグバージョンで作業しなければならなかったため、とにかく削除されると言われたとき。

元ディレクターが詳細を共有していたため、チームは過去のプロジェクトから多くのものを保持する必要がありました。
彼についての詳細が以前に発表されたので、Ravusは保持されなければならなかったものの1つであると思います。
しかし、昨年(映画がフルプロダクションに入った後)ストーリーを部分的に書き直さなければならなかったので、そのキャラクターがゲームと映画の間で矛盾を持っているかもしれないと言わざるを得ません。

それについては知りませんが、今すぐゲームを購入してから、待つ代わりにダウンロードコンテンツを購入します。

チームが彼女を特定のシーンに変更したり削除したりしなければならないと聞いたのは、彼らが最近批判されるような方法で彼女を描いたからです。
そして、他のすべてで起こったことのように、ストーリーでの彼女の役割はリリース前に修正することができなかったようです。

主な主人公のデザインを変更したいチームの責任者や、浮上した契約上の問題などの話を覚えているからです。
要約すると、キャラクターをこのように設計するという決定はかなり前に行われ、ゲームの大部分でそれらの設計を使用する必要がありました。

実際、一部のメンバーは厳しい結果を期待していました。
ゲームに対する彼のビジョンがすべての人に共有されているという十分な自信がなかったからです。
私の知る限り、このゲームは期待に応えています。

ヒロインが他のキャラクターに虐待されたという言及があり、いくつかのシーンはルーナが彼女の健康のために泣いていることを特色とし、男性の主人公の期待/目的を満たすために人生の目標について言及していました。
ゲームが女性キャラクターを描写する方法のためにゲームが悪い評判を運んでいたので、チームはそれが問題になるだろうと考えました。

ゲームは、死、幽霊、幻覚/夢を中心にした。
ノクティスはゲームが始まる前に女性の主人公を殺しましたが、彼は覚えていませんでした。
アーデンはノクティスの祖先であり、彼は時間の経過とともに消える結晶の原因でした(残っている唯一のものはルシスの結晶でした)。
彼のボディーガードが彼を裏切ったため、レギスはノクティスの前で亡くなりました。
主人公は、彼らの国が戦争に負けたため、首都を離れなければなりませんでした。
ゲームはそれほど多くの召喚に焦点を合わせておらず(それらはまだ存在していました)、代わりに物理的に現れない実際の神々がいました。
神の一人は、最初のFFゲームの主な敵でした。
それぞれの国は、世界の異なる首都に触発されました。
帝国はシガイを武器として使用していました。
レイヴスは妹を殺したノクティスを殺したかった。
ゲームは、彼らの死後のバージョンとなるはずの別の次元で終わりました。
すべての詳細を覚えるのは難しいです。

私の知る限り、チームの次のゲームではこのエンジンを使用する予定はありません。

ええ、ゲームのその部分は時間をかけて残った。

私は彼が好きで、彼は優秀なプロです。
彼は非常に困難な状況で仕事をします。
エンジンはコンソールにうまく適応せず、制限がありました。
私はこのゲームに取り組んできたことを誇りに思っていますが、会社はより多くの開発時間を与えるべきだったと思います。

FF16については知りません。
たくさんのデザインとコンセプトが廃棄されましたが、その一部はフェラーリのものでした。

その衣装のキャラクターモデルはなかったので、私は知りません。

英国の橋と建築物を備えた古いロンドンのように見える都市のコンセプトがありましたが、残りについては知りません。
ゲームでGraleaの首都に使用されるアートワークは、Versusプロジェクトから直接取り出されたため、同じままだったと思います。
しかし、王室は異なっていて、皇帝はそこに座って待っていました。

ゲームの最後の部分はもっと大きくなるはずでした。
暗い世界のレスタルムが終わったという事実を知っています。
年取ったイリスもいくつかのシーンで紹介されました。
シドニーも(また、彼女の古いデザインがキャラクター開発を暗示していたので、それが問題だったとしても、彼らがシドニーデザインを変更したくなかったことを思い出します)。

Tenebraeには小さなダンジョンもあるはずでしたが、これもカットされました。
私が正しく思い出せば、侵略は主人公が街に入るまで始まりませんでした。

元ディレクターについては何も聞いていませんが、2016年にメインラインゲームを出荷する必要があり、メインストリームのトレンドにアピールし、彼らがそれを行うことを田畑に信頼したため、プロジェクトはディレクターを変更する必要がありました。

なぜその章がサバイバルホラーの要素に触発されたのかという意味であれば、チームは勢いを増す良いペースの変化になると考えました。
レベルは配信に失敗し、プレイヤーを悩ませたようです。私は理解しています。

私は知らない、私が去ったときに計画された唯一のDLCエピソードは、3人の友人のためのプレイ可能なレベルでした。

知りませんが、それは起こります。1年か2年ですか?

このゲームは、実際の開発時間はわずか3年でした。

私の知る限り、ゲームは単一のゲームとして始まり、ストーリーはさらに拡大し、元監督はそれを部分に分割したかったのですが、新しいチームによって単一のゲームとして再び凝縮されました。

私の仲間が元の台本を読んでいるとは思わない。
あなたがFF15の2015年の台本を意味するなら、そう、私たちのほとんどは物語と世界デザインで何が変わったか知っています。

そのようなものはカットされましたが、最終的なゲームが示したものと完全に互換性のある物語ではないので、それらのシーンを書き直して声を出さなければなりません。

マルチプレイヤーの背後にある概念の1つは、ダンジョンを探索したり、複数の人で敵を殺したりすることに基づいたスコアリングシステムだったと思います。

まあ、オルティシエ後の最初の停留所は(小さな)オープンワールドエリアがあり、単独で車を運転できました。
シヴァ像に出会うまでのレベルがありました。
ゲームのダークワールドセクションはより多くの環境を特色としており、異なる場所で各パーティメンバーに遭遇し、Lestallumの一部を探索することができました。
最終ボス(別のArdynのフォーム)は、今年の初めにカットされました。
主人公が街に入った後、テネブレイの侵攻が起こり、街の非常に小さな部分とルーナの部屋を探索するようになりました。
ルーナをフィーチャーしたシーンは、問題があると見なされたためカットされました。
コルが登場するのは意味がなかったので、コルは物語の後半から書き出されました(彼はAltissiaの後の小さなオープンエリアでノクティスの仲間でした)。

私はこのVersus XVのことについては知りませんが、本当だとは非常に疑っています。
FF15で開発されている唯一のゲームは、前回聞いたモバイル向けなので、その1つかもしれませんが、私が言ったように、私はそれを非常に疑っています。

ストーリーdlcがさらに計画されていない限り、彼らは未完成の探検可能な荒廃したレベルの世界を作るとは思わない。
応答が良くないので、彼らがルーナのシーンをリリースすることを疑いますが、帝国に関する削除されたシーンはリリースされるかもしれません。

私が言ったように、ルーナはより多くのシーンで紹介されましたが、カットされました。
元々のリヴァイアサンの戦いは、内部と外部、スクリーン上の多くの敵を組み合わせたもので、ルーナも登場しました。
先ほど言ったように、Ardynの最終形態は今年初めにカットされました。
戦略ガイドからは何も聞いていませんが、ストーリーに関する情報が更新されていない可能性があります。

みんな、私は行かなければいけない!
私はあなた方全員に答えようとして数分を費やしました。
後で戻ってくるかもしれません。
ゲームで素晴らしい時間を過ごし、少なくともそれを気に入らなかった人が、人々が良い製品を提供するために一年中ベストを尽くしたことを理解したことを願っています。
ー2019/11/8


9.2016/12/24 フェラーリ氏のリーク

シドニー、アラネア、イリスやさらにはアンブラなどをデザインしたフェラーリ氏のリークが海外ニュースサイトにまとめられたもの。
フェラーリ氏のフェイスブックのこの投稿にて書かれたらしいが現在は確認できない。(「編集済」のコメントが該当リーク?)
実際リークというよりは、発売直後の賛辞に対して浮足立ってしまい、ファンサービスとして書いたものが拡散されてしまって慌てて消したのだろうと思われます。

彼らは非常に混乱しています。
私たちのスタッフ(200人の苦しんでいる魂)は、ストーリーがまだ確定しなければならない間、FFXVに取り組む必要がありました。
2013年には、3か月ごとにストーリーが変わり、ゲームのリリース日は2014年12月に予定されていました。
私の出身地であるアニメーションの世界では、この種の無駄を避けるために、スタッフを雇う前に本編が打ち込まれています。

私のゲンティアナには別のガウンがありました。
彼女はある種のユニフォーム(最終的なドレスと同じ色)を持っていて、左腕に白い鎧片があり、同じ鎧の重い剣がありました。
ゲンティアナはステラのメッセンジャーであり、そのため、彼女はニフルハイムとテネブラエの文化の接点を表しています。
彼女のドレス全体に、彼女は花の装飾がありました(実際には花よりも葉のようで、派手ではありませんでした)。

好きなキャラクターがいましたが、ストーリーから削除されました。
彼らはより忍者に似ていて、キングスグレイブのものに似ていましたが、スタイルはより日本人でした。
ちなみに、Umbraはこれらのキャラクターの1つに変換されました。私の小さなアンブラ、あなたは彼を人間の形で見ることは決してないだろう...

Final Fantasy XVは、シリーズの真の姿です。
ゲームのメインストーリーはまずまずですが、ノクティスと彼の3人の友人、グラディオラス、プロンプト、イグニスの素晴らしい物語に勝っています。
彼らが住んでいる世界、相互接続性、そしてそれがいかに生き生きと感じているかが長所も短所も含めてありのままの素晴らしいゲームになります。

このリークのまとめはもう一つNeoGAFに投稿されています。

アラネアについて:
彼女はまったく変わっていません。
風光明媚な影響がないため、槍を変えるだけでした[...]
ビッグスとウェッジの素早い草案を描きましたが、私のプロトタイプは考慮されず、スーツの2つの「マンネキン」になりました。
彼女は、最初は常にこれら2つを伴うことになっていた。
彼女の元々は、ジャンプに基づいた特定の攻撃パターンを持つ飛行隊のメンバーでした。

ゲンティアナについて:
私の元のコンセプトと比較して、彼らは台本の理由でGentianaの服を変えました。
それでも、新しいドレスは、私が描いた2つのバージョン(フォーマルな衣装とパーティードレス)から多くを守りました。
顔は変わりませんでした。
彼女はもともと赤枠の眼鏡を持っていました。[...]
彼女はもともと、腕に白い鎧を、彼女の側に重い剣を持っていました。
ゲンティアナの元々の役割は、ステラのメッセンジャーの役​​割であり、テネブレイとニフルハイムの国の接点でした。

アーデンについて:
キングスグレイブが作品に登場する前の2010年12月、私はアーデンを出産しました。
ゲームのバージョンは私のコンセプトに近いです。

アンブラについて:
私はもっ​​と好きだったが、ストーリーから削除されたキャラクターがいました:
彼らは忍者に近く、キングスグレイブに登場するがより日本人に非常に似ていました。[...]
これは私たちの間にありますが、犬のアンブラはそれらの1つに変わるはずでした。

開発について:
私は、XIIIの2010年のグループで「お腹をつかんだはず」(そしてXVになった)のメンバーではなかったので、2010年5月に来ました。
(女性)デザイナーがアートディレクターからの承認を得ることができなかったために辞任したときに私が呼ばれたことを知っています。
その後、2010年から2011年の終わりまで、大きな問題なしで、割り当てられたデザインに取り組みました。
そのため、2012年にチームが200人から20人前後にリサイズされたとき(田畑とType-0チームが到着する直前)、私はまだそこにいて、2013年まで新人と仕事をしていました。
それから、野村さんに続いたので去りました。
Gentianaのストーリーは予定していませんでしたが、2011年に受け取った台本がライターによって変更されたことを確認できます。
[...]私は坂口が大規模な予算のゲーム開発について言ったことの後ろに立っています。それはもう価値がありません。
しかし、彼らも非常に混乱しています。
スタッフ-200人の魂-は、物語がまだ完全に定義されていなかったときに働かなければなりませんでした。
実際、このストーリーは3か月ごとに変化し続け、ゲームの最終的な配信日は2014年末でした(2016年11月にプッシュバックされると誰が考えたでしょうか?)。

FFVIIRについて:
私はすでに他のエピソードに取り組んでいますが、XVのためにやったことはたくさんありました。
[...]残念ながら、VII Remakeには新しいキャラクターはあまり多くありません。既に存在するキャラクターを再解釈しただけです。
私はXVで持っていた選択の自由を持っていません。

頻出する[...]は、おそらくフェイスブックからのコピペの際に閉じられてる箇所と思われます。
それでこの二つのリークを見れば分かる通り、それぞれで受ける印象が全く違いますね。
フェイスブックソースが残ってないので何とも言えませんが、まとめる人によって恣意的に情報が伏せられるいい例です。


10.2017/1/9 ステラのスクショリーク

4chanに投稿されたヴェルサス内のイベントシーンにおけるステラのスクショリーク。
投稿者によるとエンディングCGとのことですが、実際はNetflixオリジナルドラマ「THE OA」の1シーンでありフェイクリーク。


ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIエンディングスクリーンショット


彼女は生まれ変わった


エトロの門
ー2019/11/15


11.2017/3/15 ヴェルサスシナリオのメール

4chanに投稿されたとあるメールのスクショ。
「元開発者」からのメールという体になってるものの、この投稿この投稿により何度も偽リークを投稿している人のフェイクであることが確定してるらしいです。

ファイナルファンタジーヴェルサス[すべてを終わらせるリーク] 
ソースは、すべてを始めたオリジナルの4chan投稿者です。
連絡は、元の投稿から継続されています。
私は先に行くことも、暗くなることもありませんでした。
大きなアウトレットの前にそれが欲しい。


私が彼をプロとして、そして友人としてとても尊敬する理由です。
確かに、私たちはすべて支払われ、契約上の紛争はありませんでしたが、それはここでのポイントではありません。
このコンテンツがおそらく一般には決して公開されないことを非常に残念に思います。そして、映画のストーリーテリングとゲームのインタラクティブ性の間のギャップを埋めるエンターテイメントを作成したという単純な事実のために。
成熟した複雑な物語を伝える有効な手段として、メディアが最終的に真剣に考えられる機会。
今日まで、私たちがお互いにこれについて話すことができるのは唯一の人々であり、それは気が狂っています。

たとえば、ゲームの主人公の1人であるステラは、死んだ親族だと信じていたものと交わることができるように、身体に危害を加えました(実際、この行動は、彼女が人生の早い段階で睡眠障害のために処方された特定の薬の結果であり、皮肉なことに、主要なプロットポイントです-それについては後で詳しく説明します。)
これは最終的に彼女の偶然の自殺で頂点に達し、主人公であるノクティスは彼女の死の原因であると言われました(少なくとも直接はそうではなかった)。
さらに、ゲーム内の映画のシーケンスの多くには、女性に対する暴力の描写が含まれていました(完全に物語の文脈でした)。
オリジナルのVersus予告編(英語のSeifaris)で多くの人が見た白髪のキャラクターの手での暗黙のステラのレイプを含む1つのシーケンスがあります。
完全に引っ張ることを要求された種類の儀式を含む重要なシーンは、主要なプロットポイントを事実上台無しにします。
このシーンには、母親でありレギス王の王妃であり妻であるシシリア・ロレット・チェラムの胎内でのノクティスの悪魔的な「主張」が含まれていました。
父によって作られた協定(元々は、ルシス・ヤクザ族の一種の「ドン」であり、ずっと後に書かれた善良な骨抜きの王ではありません)により、ノクティスは、死の女神エトロの奴隷に拘束されました(この人生と次の人生で)。
この契約は、虚のクリスタルを通してルシス指輪のラインに結合の力、生と死に対する力を与えました(これはすべて映像で説明されるので、それにあまりにも追いつかないでください)。
そのため、このキャラクターは多かれ少なかれこの世界の反キリストとして書かれていたので、「潜在的に繊細な宗教的内容」を引用しなければならなかったので、彼は来るべき黙示録をもたらすために虚の背後にある力との取引で父親によって呪われました。

カーチェイスと銃撃戦を伴うシーケンスで、プレイヤーにインソムニア市民を殺すオプションを与えます。
これは、ターゲットが走っており、群衆の中に隠れようとしているという事実のみが原因です。
これはおそらく、ノクティス、バリス(特定のトレーラーでノクティスを運転する禿げ頭のボディーガードキャラクター、彼に目を覚ますように言い続けるもの)、グラディオ、イグニスなど、私のお気に入りの初期のゲームシナリオの1つでした。
あなたは、ストリームネームが「Luna」(しかし真剣に)で、Lunatelとして販売されているLunatelristriumと呼ばれるストリートドラッグ(もちろんルシスファミリーが所有する製薬会社によって密かに製造された)を大量に配達しなければなりません。
これにより、使った人は明快な夢のような効果を得ることができます。
この場合、個人は目覚めていますが、現実の世界のことはまるで夢のように見えます。
(愛する人は長い間期限切れになり、幽霊、悪魔、場所は以前の記憶で見たように戻ります。意識をレムの状態に置くことで機能します)
-もともとは、インソムニア軍の軍用等級の睡眠代替品として開発され(この概念は後にMagitekプロジェクトに採用されました)、悲惨な効果を持つ特定の国に対して兵器化された形で使用されました。
ノクティスがこの物質に夢中になっていることは、彼が女性主人公とどのように相互作用することができるかにとって絶対に不可欠でした。
特定のプロットの理由で誰も彼女を見ることができないため、ゲームの約2時間後にすべてが明らかになります。
彼はINPDに拘束され尋問された後、彼女が幻覚であると確信しているだけです。
(はい、元のゲームにはインソムニアの警察署があり、通常の都市で見られる他のすべてのことは、部長とともに彼に弾丸が発射されているので誰もカバーしていない彼のカメラ映像を見せます(彼は彼がStellaを覆っていると思っていました)。
Stellaは実際には本物ですが、私が30分以上費やさずに入力するのは少し複雑すぎます。

率直に言って、私は自分の仕事と潜在的な法的影響を失うことを恐れていたため、この情報の多くは、最初の投稿で匿名で公開しませんでした。
ファンの抗議のおかげで多くの変化がありました(そうです、彼らは耳を傾けます)、多くの変化がありました...私はこの特定の瞬間に議論することはできません。

さて、あなたはこれらのプロットの詳細を公開する許可を得ていますが、私は正直に言って、Squareがすぐにあなたのチャンネルを停止し、終止符を打つかどうかはわかりません。
コンテンツの所有権を引用しますが、実際には、コンテンツは投稿せず、有効な情報のみを投稿します。
これが複雑になる場所であり、私はあなたに最高のアドバイスを与えることはできません。
私が最初に議論したことに関して、それは決してリリースされることさえできず、対処されることさえできません。
あなたのチャンネルを選んだ理由は、
1)小さいチャンネルで、良い(ネガティブではなく、真面目)、
2)チームメイトが私たちの仕事について話し合っているビデオをリンクしましたが、
メールの途中から途中までという体なので変なところで切れてます。
まあなんというかGTAのようなFFも個人的にはアリだとは思ってますが、劣化GTAにしかならないのは目に見えてるのでこういうのは作らないでしょう。
ー2019/12/3

続き:FFversusXIIIのリークまとめ3




↓拍手頂けると更新の励みになります。

拍手[1回]

PR

コメント

コメントする