忍者ブログ

HAL’s Blog

気になったものを適当にまとめる趣味ブログ。 最近はPCゲーム、というかFF15中心。 PCでの閲覧推奨ですが、サイトデザイン変わり記事のリスト表示が崩れていて直せる気がしません。

FFversusXIIIの開発経緯や公的情報まとめ

2019/10/24にディシディアファイナルファンタジーNTのDLCとしてノクティスの初期衣装(ヴェルサス衣装)が実装されることが発表されました。




『FF15』(Final Fantasy XV / ファイナルファンタジー15)に変更されてから『ヴェルサス』(Final Fantasy Versus XIII / ファイナルファンタジーヴェルサス13)のコンテンツが公式から発表されるのはおそらく初めてじゃないかと思い、今になって色々調べてたのですが国内では憶測とか噂レベルのまとめしか見つかりません。(私自身はPC版『FF15』からプレイしたので当時は情報を追ってなかった)

『ヴェルサス』について公開済みの情報は、『FF15』が面白かった人とつまらなかった人のそれぞれの立場によって都合よく情報が伏せられたりするので中立かつ正確な情報を見つけるのが難しいんですよね。(私は『FF15』が面白かった人です)

そんなときに見つけたのがここ。

Final Fantasy Versus XIII - Final Fantasy Wiki

海外FFwikiの『ヴェルサス』ページです。
こちらに記載されてる情報はほぼ全てインタビュー等の公的な情報ソースが付いているものが網羅されています。
海外プレイヤーが多いFFはやはり英語で調べるのが一番ですね。

というわけで以降にWikiをgoogle翻訳しただけのものをまとめておきます。読みやすく改行追加したり固有名詞等で明らかにおかしい部分は修正してます。
記載文法がしっかりしていて元ページでブラウザ翻訳かければそこそこ綺麗に翻訳されるので基本的にはWikiの方を見ることをおすすめします。

ちなみに、元々はヴェルサスのリーク情報を探してたのですがこれまでに13種類(!?)ものリークがあるらしいのでそれはまた別途まとめるつもりです。

関連記事:『FF15』DLC開発中止と特別損失についての時系列整理と考察




序文

これは現実に基づいたファンタジー。
—キャッチフレーズ

Final Fantasy Versus XIIIは、 Fabula Nova Crystallis:Final Fantasyシリーズの一部として PlayStation 3向けに計画されたゲームでした。
同じ Fabula Nova Crystallis 神話からの3つの共有であるモバイルゲーム Final Fantasy Agito XIIIとともに、 Final Fantasy XIIIのコンパニオンゲームになることを目的としていました。
ゲームは、キャラクターデザイナーであり、ゲームプレイの映像に似ているキングダムハーツシリーズのディレクターとして知られる野村哲也が監督するアクションロールプレイングゲームでした。
Versus XIIIのテーマである多くのオリジナルテーマを後続のゲームに持ち込んだ「現実に基づいたファンタジー」であり、ゲームは現代の地球に似た環境で行われることでした。

しかし、ファイナルファンタジー XIII- 北瀬佳範と鳥山求が率いる- は、独自のシリーズとなり、ファイナルファンタジーアギト XIII- 田畑-は、独自の世界とシリーズにまたがるPlayStation PortableのファイナルファンタジーType-0になりました。
Final Fantasy Versus XIII —野村哲也率いる—は形にならず、そのコンセプトは最終的にPlayStation 4およびXbox One 用のFinal Fantasy XVに作り直されました。

シリーズのゲームのトリオは、その後ファブラノヴァクリスタリス:ファイナルファンタジーXIIIと呼ばれました。2006年に発表されました。
ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIは発表されましたが、何年もの間プリプロダクション段階にとどまり、ファンの間で多くの憶測。E3 2013では、このゲームは正式にブランド変更され、Final Fantasy XVとして再発表されました。
2014年には、野村哲也がプロジェクトを指揮しなくなったことが発表されました。
タイトルは代わりに、スクエアのポータブルアクションロールプレイングタイトルCrisis Core -Final Fantasy VII-およびFinal Fantasy Type-0を監督することで知られる田畑に渡されました。


1.ゲームプレイ

一部のゲームプレイは予告編でデモンストレーションされました(外部リンクを参照)が、ゲームプレイのデモがスクリプト化され、「概念実証」段階で存在する可能性があるため、ゲームが完全にプレイ可能な形式であったかどうかは不明です。
ノクティスは無数の武器を装備し、テレポートし、さらには砲塔を使用することさえ示されました。
一部の映像は、襲われたときに敵から血がこぼれたのを示した。

このインターフェイスは、Kingdom Heartsで使用されているメニューシステムと類似していました。
攻撃、マジック、アイテムの一般的なコマンドを表示することに加えて、別のオプションは「EXアーツ」を表示しました。
これは、ある種のリミットブレイクシステムまたは一連の特別な攻撃であると想定されます。
パーティーメンバーは、バトルの統計情報を表示する画面上の小さなバブルにポートレートを表示することになっており、プレイヤーは気まぐれにパーティーメンバーを切り替えることができると言われていました。
キングダムハーツのように、予告編で示されている標準的なアクティブパーティーのサイズは3人でした。

異なるキャラクターとしてプレイすることは、彼らの戦闘スタイルに従事することを意味しました。
グラディオラスは重い武器を簡単に装備できると言われていましたが、Promptoはノクティスでプレイしたときにヒットしなかった敵の弱点をターゲットにすることができるTPSの照準モードで計画されていました。
ノクティスなしでは、クリスタルの威厳ある交わりの下で力が与えられたため、能力はストーリー要素と絡み合っていると言われていたため、パーティーは魔法を使用できませんでした。

ゲームはアクションRPGであり、プレイヤーは飛行船を含む乗り物を制御でき、ゲームは世界地図と完全にシームレスである必要がありました。


2.キャラクター

発表されたキャラクターのほとんどは、ファイナルファンタジーXVのデザインが変更されたままで、ステラのデザイン要素を共有するルナフレーナノックスフルーレに置き換えられたステラノックスフルーレットは別です。
Noctis Lucis Caelumはメインキャラクターであり、Final Fantasy XVでもそのような存在であり、パーティーメンバーのGladiolus Amicitia、Ignis Stupeo Scientia、およびPrompto Argentumが参加しましたが、全員が衣装と外観の両方を再設計しました。
トレーラーから垣間見られた他のキャラクターは、王でありノクティスの父であるレギス・ルシス・チェラムであり、Iedolas Aldercapt、Niflheimの敵国のリーダー。Final Fantasy Versus XIII予告編の神秘的な白衣の男は、Ravus Nox FleuretとしてFinal Fantasy XVに登場します。
Versus XIIIで一見した竜騎兵キャラクターは、ファイナルファンタジーXVでAranea Highwindとして表示されます。


3.設定

愚か者はこの世界のルールを設定します。ただ見て回ってください。それは否定できません。
-ノクティス

後継バージョンのファイナライズバージョンと比較して、ファイナルファンタジーとXIIIの世界は、間接的ではあるがまだ影響力のあるファブラノヴァクリスタリスの伝承に重きを置いていました。
テーマ別のプレゼンテーションは、キャストの人間性を調べることに重点を置いた暗いトーンのプレゼンテーションであると言われていました。

Final Fantasy Versus XIIIの設定は、かつて4つの国がクリスタルを持っていた世界を提示しましたが、他の国のクリスタルを切望することで燃料を失って戦争に負けました。
ルシスはクリスタルを持つ唯一の国であり、クリスタルの魔法と影響力のおかげで繁栄しました。
残りの世界は軍事力と戦争の分野で発展し、ルシスから遠ざかりました。
緊張は冷戦を駆り立てる政治資源紛争に成長した。
ニフルハイムの国は、その結晶を包囲してルシスを包囲するための解決策として、その旗の下で他の国々を統一したでしょう。
ファブラノヴァクリスタリスの伝承とエトロの影響がどのように影響するかは不明です。

ルシスの国は、国の古代の初めからマフィア犯罪家族に似ていたと言われており、その平和にもかかわらず、銃器の禁止と首都の封鎖を含む厳格なルールに従事していると言われていました。
ノクティスは皇太子であり、レギスは現在の王でした。
イグニス、グラディオラス、およびプロンプト-ノクティスのチームメンバー-は、ヤクザ共同シャタイの構造に似た彼の側近として行動しました。
エトロは死の女神として知られるルシスの守護女神であり、したがってルシスは暗いデザインを持ち、夜間のみに描かれ、流行の死神のモチーフを持っていました。
王室やルシスの他の市民は、このテーマに合わせて黒を着ることになりました。

ゲームは、LucisとNiflheimの間の条約調印を祝うための正式なパーティーで始まりました。
そこで、Stella Nox Fleuretは彼女の母国であるTenebraeの伝説についてNoctisに話しました。
伝説によれば、エトロは目に見えない門を開くたびに、死者の魂は天への光の筋として、門を通って上昇します。
死にかけている人の中で光を見る人が少ないとき、彼らは死者の王国から力を与えられます。
ステラは、ノクティスがそうであったように、彼女は光を見ることができると述べた。
ノクティスは、彼らの両方が臨死体験をしたと推測しました。

条約の調印は策略に過ぎず、ニフルハイム軍は都市を襲撃して水晶を盗んだ。
ノクティスと彼の友人たちは兵士とベヒーモスと戦った。ノクティスは、クリスタルの力を振るうように見えた不思議な白衣の男に直面し、魔法を通して武器を召喚する同じ力を発揮するステラと戦うことさえありました。
ファイナルファンタジーとXIIIのゲンティアナの元の役割は、ステラのメッセンジャーの役割であり、テネブレイとニフルハイムの国間の接点でした。[1]

キャラクターデザイナーのロベルトフェラーリは、Versus XIIIの開発に時間を費やし、「3か月ごとに変化を続けていた」と述べています。[1]したがって、ゲーム用に表示される設定がどれだけ具体的であるかを測定することは困難です。


4.開発

Final Fantasy Versus XIIIは、野村哲也監督、Faula Nova Crystallis:Final Fantasy XIIIシリーズの一部としてPlayStation 3向けにリリースされる予定でした。
神話を共有する新しいサブシリーズを形成することでした。
Final Fantasy Versus XIIIはもともとPlayStation 3用のCrystal Toolsエンジンを使用して開発されましたが、2011年12月にゲームがゲームプレイメカニクス用のゲーム固有のエンジンに移動し、Luminous Engineと Crystal Toolsはまだリアルタイムグラフィックスを実行しています。[2]

「Versus XIII」という名前は、Final Fantasy XIIIと、文字通りおよび文化的に切り離された幻想的な世界で発生するその続編(たとえば、Final Fantasy XIIIのCocoonとGran Pulse)に並行して登場しました。
ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIスクウェアオリジナルとは異なるように世界を望んファイナルファンタジーXIII 1つの全体、接続世界を提示することによって。[3]

ファイナルファンタジーXVの新監督に選ばれた田畑は、このゲームの状況をユニークであると説明し、ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIのように、ゲームに関する情報を早期に公開することを学んだことを知っています。
開発者自身が考えていることとは異なる世界観を形成しました。
情報が出ると、情報は開発者だけのものではなくなりますが、最終的にファイナルファンタジーXVに置き換えられたStellaなど、キャラクターなどに愛着を持つファンにとっては何かになります。
スクウェア・エニックスがファイナルファンタジーヴェルサスXIIIを早くから公開するのを間違えたため、公開された情報に対する人々の関わり方を扱うことは将来にとって重要だと彼は言った。[4]
Versus XIIIは不完全で完全に形成されていなかったため、Final Fantasy XVに持ち込まれたものはあまりありませんでした。 田畑は、Versusを実際のゲームというより多くのアイデアとして説明しています。[5]

4.1 2006–2009

E3 2006で予告編を発表したファイナルファンタジーヴェルサスXIIIは、「単なる続編ではなく、さまざまなキャラクターのさまざまな世界で展開する完全に独立した物語」と言われていました。
このゲームは、キングダムハーツシリーズを担当するチームによって開発される予定でした。
スクウェア・エニックスは日本のファッションブランドのローエンと契約を結び、さまざまなキャラクターを通じてゲーム内の服のデザインを宣伝しているため、野村哲也は監督兼キャラクターデザイナーですが、コスチュームデザイナーではありません。
ローエンクリエイティブディレクター高原氷室はゲームのコスチュームデザイナーを務めていましたが、彼のデザインが実装される前に、ノクティスは野村がデザインしたプレースホルダーの衣装を着て見せられました。

制作チームは数年間、骨太で、デジタルアーティストであり、当時スクウェアエニックスのビジュアルワークス部門(CGカットシーンを担当する部門)の従業員であった北田栄二と、他の1人がすべてのCG作業を行いました。共に。
北田はブログで他のプロジェクトが優先されると書いたが、Visual Worksチームに最初に参加したのは、Final Fantasy Versus XIIIのプリプロダクションだった。
彼が一緒に働いたのはプロジェクトのモデリングスーパーバイザーであり、彼はリードポジションであり、デュオはプリプロダクションモデリングとレンダリングのすべてを処理しました。
ファイナルファンタジーVII:アドベントチルドレンコンプリートは別のプロジェクトとして実行されていました。
2人はアドベントチルドレンチームもサポートしていました。[6]

ゲームのエンジンの歴史は、その開発プロセスを暗示しています。
SquareEnixは、Game Developers Conference 2008でCrystal Toolsを公開しました。
つまり、数か月後のNoctisとStella間のリアルタイムの会話は、実際に作成された最初のコンテンツの一部でしたゲーム。
2006年の発表にもかかわらず、可能性は、ほぼ2年後まで、Final Fantasy Versus XIIIのコンセプトと予告編に過ぎなかったということです。[7]
一言:かなり早い段階でRoenと契約してたんですね。今回ディシディアNTに実装されたヴェルサス衣装は初期のいわゆるコンセプト衣装だったようです。


4.2 2009

ほぼ1年の沈黙の後、ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIは東京ゲームショウ2009でプライベートシアターで簡単に上映されましたが、野村はそれは単なるデモであり、ほとんどの映像はファイナルゲームでは使用されないとコメントしました。
彼は、ゲームがまだ開発中であることを証明するためにクリップが作成されたと言いました。[8]

ジャンプフェスタ2010では、ノクティスの新しい衣装が展示されました。
過去のトレーラーからの彼の古い服装とは対照的に、ジャケットとパンツでよりモダンな外観になりました。[9]


4.3 2010

Final Fantasy XIIIのリリース後、リソースはFinal Fantasy Versus XIIIプロジェクトに戻される可能性がありましたが、技術的な問題によりプロジェクトはほぼ停止していました。
当時のテクノロジーディレクターであるジュリアンマーセロンによると、ファイナルファンタジーXIII用に構築された「ユニバーサルエンジン」鳥山求のチームは、以前の仕様に適合するように設計されており、オープンワールド環境で座屈していたため、Versus XIIIを処理できなくなりました、事実上使用できなくなります。
最終的に、スクウェア・エニックスは、Final Fantasy Versus XIII向けのLuminous Studioと呼ばれる新しいエンジンの作成を委託することを余儀なくされました。[10]

ファミ通とのインタビューで、野村は、VersusがE3 2010で上映されるかどうかわからないと述べた。
E3が行われたとき、ゲームは上映されなかった。

5月18日、株主総会でスクウェア・エニックスの投資家からXbox 360への移植の可能性について尋ねられたとき、和田洋一社長は「正式発表の直前まで内部で調査する」と述べた。
いくつかの反発の後、彼はTwitterで彼の元の声明を明確にした。「[インターネット]ネットが熱くなっているようだ。Xboxの場合と比べて?記者会見で言ったことは、すべてのタイトルに関するすべてのポイントが確定されていません。」

6月23日、ゲーム内の新しいスクリーンショットとファイナルファンタジーヴェルサスXIIIの詳細が明らかになり、2010年の東京ゲームショーに登場することが確認されました。

6月29日、電撃プレイステーションの号には、野村とファッション会社のローエンがすべてのキャラクターデザインを完成させ、シナリオも完成したと書かれていました。[11]

8月9日、野村はTwitterを介して、Final Fantasy Type-0およびFinal Fantasy Versus XIIIの音声キャストが他のニュースと共に開始されたことを発表しました。

8月25日、北瀬佳範はGamingUnion.netとのインタビューで、Final Fantasy Versus XIIIは「2011年までリリースされない可能性がある」と発表しました。[12]

2010年の東京ゲームショーで、スクウェアエニックスは2011年1月のカンファレンスで、Fabula Nova Crystallisカンファレンスの一部であるFinal Fantasy Versus XIIIを発表する予定であることを確認しました。

9月17日、ゲームの30秒間の予告編がFinal Fantasy Type-0の予告編とともにインターネットに流出しました。
映像には、以前にリリースされたスクリーンショットに示されている領域を簡単に実行する彼の新しい衣装にノクティスが含まれていました。
予告編は、ノクティスがベヒモスと戦うことで終了し、ノクティスがそれを斬るたびに血が出ること示されました。
10月8日に、東京ゲームショウのファイナルファンタジータイプ0とファイナルファンタジーヴェルサスXIIIを組み合わせた予告編が、日本のスクウェアエニックスメンバーのウェブサイトからインターネットで公式にリリースされました。

4.4 2011

2011年1月18日、スクウェア・エニックスは第1生産部門プレミアを開催しました。
元々はファブラノヴァクリスタリスカンファレンスと名付けられ、元の日付は1月11日に設定されました。
ファンは、他のキャラクターと一緒にノクティスが初めて話すのを聞くようになりました。
Final Fantasy Versus XIIIの他に、Final Fantasy Type-0、Dissidia 012 Final Fantasy、Kingdom Hearts 3D:Dream Drop Distance、Kingdom Hearts Birth By Sleep Final Mixなどの新しいビデオコンテンツが登場しました。
スクウェア・エニックスは、ファイナルファンタジーXIII-2など、このイベントで公開されるいくつかの新しいタイトルをほのめかしました。

2011年夏、スクウェア・エニックスはPlayStation 4とXbox Oneを初めて見ました。
これにより、PlayStation 3専用のFinal Fantasy Versus XIIIが完成する前に無関係になる恐れがありました。
ゲームの起源に固執することはもはや選択肢ではなく、プロジェクトを変更する必要がありました。[10]

2011年7月、野村哲也とのインタビューで、ファイナルファンタジーとXIIIがまだ完全な生産に入っていないことが明らかになりました。
彼はゲームの次のショーの日付が設定されたと言い続けた。
野村は、電撃PlayStation誌の500号の8月上旬に、9月の東京ゲームショウ2011でファイナルファンタジーヴェルサスXIIIが表示されないことを述べました。

2011年8月31日に、ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIの商標の更新がスクウェア・エニックスによって提出されました。

2011年9月10日、ファイナルファンタジーXIII-2ファンミーティング中に、プロデューサーの北瀬佳範はファイナルファンタジータイプ0とファイナルファンタジーヴェルサスXIIIの開発について質問を受けました。
彼の答えは、「Type-0とVersus XIIIについては、開発に100%を提供している」というものでした。

4.5 2012

日本のゲーム雑誌「ファミ通」で、野村はゲームがリアルタイムのカットシーンと事前にレンダリングされたカットシーンを7:3(リアルタイムで70%、プリレンダリングで30%)の比率でミックスすることを発表しました。
彼は次回ゲームが表示されるとき、リアルタイムの映像を使用したデモンストレーションがあると述べました。
野村は、Final Fantasy VIIリメイクのファンの要求に応じて、Final Fantasy Versus XIIIの作業が優先されると言いました。[13]

2012年7月24日、当時のスクウェア・エニックスの社長和田洋一は、メディアの長い沈黙の後にゲームがキャンセルされたといううわさを否定するツイートを投稿しました。

2012年9月1日、ファイナルファンタジー 25周年のイベントで、野村哲也がイベントのノクティスのスケッチを行いました。「25周年おめでとうございます。彼の番が現れるまでお待ちください」。[14]

2012年10月10日、野村はファイナルファンタジーヴェルサスXIIIがまだ開発中であると述べ、ゲームに関するより詳細なニュースを待つようファンに求めました。[15]

2012年には、開発が次世代コンソールに移行することが決定され、名前が会社内で正式にファイナルファンタジーXVに変更されましたが、ブランド変更の一般公開はE3 2013まで待機します。[16]

2012年7月、キャンセルの噂があった頃、和田はファイナルファンタジータイプ0チームにファイナルファンタジーXV開発[17]に参加するよう命じ、次世代コンソールのプロトタイプを作成しました。[18]
和田洋一は、6年間の生産を経て開発が順調に進まなかったときのゲームの状態を懸念していました。
彼は田畑に電話し、ファイナルファンタジーとXIIIを完全にキャンセルし、ゼロから始めるべきかどうかについて意見を求めました。
田畑氏によると、開発を同じように続けることは不可能だという。
当初、田畑の開発チームは、野村哲也のプロジェクトを引き受けることはできませんでした。
チームの90%が反対し、説得するのに時間がかかりました。
田畑は、それをメインラインのゲームに作り直す方法についてのアイデアを探し始めました。
計画された2つのコア概念は、「仲間」のアイデアと「旅」のアイデアでした。[19]

ゲームに取り組んでいるチームは、田畑とファイナルファンタジータイプ0チームが到着する直前に、2012年に200人から20人前後にサイズ変更されました。[1]
2012年12月、田畑はプロジェクトを完了するための共同ディレクターになり[20]、最終的に彼は新しい監督として移行します。
彼は、ノクティスのようなキャラクターが可能な限り最良の方法で維持されることを保証するために、タイトルの方向性について野村哲也と座った。[17]
田畑は後に、ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIがファイナルファンタジーXVになったとき、約25%完成したと言った。[21]

田畑は大規模なリストラの努力を先導し、ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIの最もよく知られている部分でさえ安全ではなかった。
最終的にステラは完全にカットされ、野村哲也が個人的に賞賛していた多くの機能(戦闘中のキャラクター切り替えなど)は廃止されました。[10]
一言:キャラ切り替えについては個人的に最初から実装しておいた方が良かったと思ってますが、実は私も含めて、キャラ切り替え実装後に『FF15』を初プレイしてクリアまでにキャラ切り替えを積極的に使ってる人ってほとんどいないんですよね。当然全ての実況を調べたわけではないですが統計を出したとしても5%以下なんじゃないかと思います。最初からこうなることを想定してたのかは不明ですが、結果だけ見るとほとんどの人が使わないキャラ切り替えを廃止して開発リソースを他に回したのは正解だったのかもしれません。


4.6 2013

2013年2月21日に、GameSpotは、Sony Computer Entertainment Worldwide Studiosの社長である吉田周平がファイナルファンタジーヴェルサスXIIIについて「ある程度の知識はありますが、話すことはできません」と述べたと報告しました。[22]

2013年3月19日に、VG Leaksは、Final Fantasy XIVの障害とそれに続く再構築のために生産が停止しただけでなく、PlayStation 4に移動し、PlayStation 4としてソニーによって共同開発されたと報告しました。
排他的であり、ファイナルファンタジーXV [23]に作り直されました。
スクウェア・エニックスはコメントを拒否しました[24]。

2013年4月17日、スクウェア・エニックス・マーチャンダイズ・ラジオの最初のエピソードで、野村哲也はゲームについて簡潔に語った。
「社内の状況は微妙です。おそらく、情報を公開できなかった理由に関する詳細は、次の情報発表で触れられるかもしれません。」[25]

2013年6月10日のE3でのソニーの記者会見で、野村哲也の録画済みビデオが再生されました。
彼は最近、プロジェクトに関する情報があまり公開されておらず、新しい詳細をすぐに共有できなかったことを認め、新しい情報は数日中に明らかになるでしょう。
メッセージに続いて、ゲームを予告する予告編の最後でプレイされるゲームの新しい予告編は、ファイナルファンタジーXVに改名され、開発はPlayStation 4およびXbox Oneに移行されました。

4.7 Fabula Nova Crystallisの一部として

Final Fantasy Versus XIIIはFabula Nova Crystallis:Final Fantasy XIIIシリーズの一部となることを目的としており、Final Fantasy Agito XIIIがFinal Fantasy Type-0になった後に数値が削除されました。
このように、生の領域と死者の領域、目に見えない領域に分けられた世界の共通の神話と包括的な概念を共有することでした。
それらの間の方法は、死の女神によって運営されるエトロの門です。
Final Fantasy Versus XIIIのユニークな点として、臨死体験をした人は「期限切れの魂の光を見て」死者の王国から力を得ることができると言われていました。
ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIのシリーズを他のシリーズと区別したのは、神々とその目標に焦点を当てたファイナルファンタジーXIIIとは対照的に、神話の核となる神の対立の人間の視点に焦点を当てた点です。

Fabula Nova Crystallisのすべてのゲームの要素は、クリスタルの役割や初期のシリーズで「光の戦士」と呼ばれる力によって与えられたものなど、シリーズのコアコンセプトを再考することです。
したがって、ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIは、これらの要素を持ち、ノクティスの王国は王室を授けたように見える世界の最後のクリスタルを所有していました。
したがって、ノクティス自身は、クリスタル武器を召喚し、魔法を使い、テレポートする力を持っていましたステラもこれらの力を持っているように見えました。

きらめく結晶の光として現れる魂は、ファブラノヴァクリスタリスシリーズの主要なモチーフの1つであり、初期のファイナルファンタジーヴェルサスXIIIの予告編で際立って紹介されました。
実際、クリスタルシャードは、「クリスタルソウル」が単に垣間見えるだけのファイナルファンタジーXIIIおよびファイナルファンタジータイプ0になっていたものよりも、Versus XIII素材でより顕著でした。
きらめくクリスタルライトのテーマは、ファイナルファンタジーXVに引き継がれました。
神話の主題の核はまた、ファイナルファンタジーXVの世界でのオリジナルの伝承の基盤を提供しました。[26] [27] [28]


5.ファイナルファンタジーXV用にファイナルファンタジーヴェルサスXIIIから保持された側面

Final Fantasy Versus XIIIは予告編や他の形式のメディアで紹介されていたため、Final Fantasy XVの開発における目標の1つは、ユーザーが気付いて興奮した要素を保持することでした。
これはインスピレーションの役目を果たしましたが、新しい概念に合わない要素がありました。[5]

Noctis、Gladiolus、Ignis、およびPromptoのメインパーティーは、ファイナルファンタジーXVに残りますが、デザインは変更されました。
CorはFinal Fantasy Versus XIIIで5番目のパーマネントパーティメンバーでしたが、彼の役割は縮小され、Final Fantasy XVのパーティのメンターのような人物になりました。[29]
Versus XIIIトレーラーに登場した黒い車は、最終形のレガリアの前身と思われます。
その力を行使することができる世界のクリスタルを保護するルシス王国の基本ストーリーはまだ存在しています。
ノクティスは光の戦士と同等であり、ルシスの指輪を振るうと「魂の光」を見ることができます。
彼はまだ子供の頃に臨死体験をしていましたが、それは彼に超自然的な力を与えませんでした。

NoctisのFinal Fantasy Versus XIIIの条約署名パーティーでのステラとの出会いの予定は破棄されましたが、アイデアは映画Kingsglaive:Final Fantasy XVに変わりました。
ノクティスがエトロの絵の前にステラに会う代わりに、ニックス・ウルリックはルナフレーナ・ノックス・フルーレに会い、シーンはCaelum Viaホテルの屋上で開かれたヴェルサスXIIIに敬意を表しています。
条約が調印されると、白衣の皇帝と黒衣のルシアンは、ファイナルファンタジーとXIIIのシーンを連想させるシーンで武器を​​互いに引き寄せます。
Versus XIIIトレーラーで見られるものと同様のガードもKingsglaiveにも登場します。

Final Fantasy Versus XIII用に作曲された音楽の多くは、「Somnus」や「Omnis Lacrima」など、Final Fantasy XVサウンドトラックの一部です。
夜間の大都市と砂漠のガソリンスタンドがVersus XIIIで表示され、Final Fantasy XVでも同様の場所が残っているため、ロケーションも同様に表示されます。

Versus XIIIトレーラーの女性の竜騎兵は、ファイナルファンタジーXVでAranea Highwindとして紹介されています。
初期のVersus素材の白衣の男は、Ravus Nox FleuretとしてファイナルファンタジーXVに残ります。
キングがVersusの予告編で着ていたスーツは、ファイナルファンタジーXVのDLCとして再設計されたキング・レジスとノクティス自身によってまだ着用されています。
ノクティスは、ファイナルファンタジーXVの終わりに、ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIのオープニングで着用したスーツを着ています。
Gentianaと犬のUmbraは、Final Fantasy Versus XIII向けに設計されており、Final Fantasy XVの新しい役割であるにもかかわらず「リキャスト」されています。
Ardyn IzuniaはRothがカットされた後に作成されたため、Safay Rothという名前の帝国将軍が元々主な悪役であることを暗示していました。[30]
ArdynはファイナルファンタジーXVの主な悪役として残り、皇帝のドロップシップに関するSAFのテキストは、元々Versus XIIIで計画されていたキャラクターであるSafay Rothに言及しています。

ノクティスは常に薄い空気から結晶性の武器をテレポートして偽造することができ、また魔法を使ってすべての武器を一度に使用することができました。
プレイヤーがメイン武器としてロイヤルアームを装備し、ファイナルファンタジーXVの弾道射撃から防御する場合、ロイヤルアームはノクティスの周りを呼び出して弾丸を偏向させます。
この効果は、Final Fantasy Versus XIIIで最初に見られたトレーラーで、Noctisが城郭の階段を下って兵士に向かって発砲しています。
ファントムソード召喚はファイナルファンタジーXV:ロイヤルエディションのノクティスの新しいバトルスタイルです。
彼はさまざまな効果のためにロイヤル武器以外の武器を使用することができます。
このテクニックの一部としての新しいポーズの1つは、NoctisがファイナルファンタジーとXIIIの素材でStellaを使用して見られた署名ポーズであり、しばらくの間は彼の「公式ポーズ」でした。
彼はまた、彼が槍の周りを回る操縦など、デビュートレーラーで使用した他のムーブセットも使用しています。

Final Fantasy Versus XIIIでは、ノクティスは「期限切れの魂の光を見る」ことができると言われ、その能力を持つ者は死者の王国から力を得た。
これはファイナルファンタジーXVの「魂の絆」のコンセプトになった可能性があります。
Noctisは、先祖の力を組み合わせて使用できます。
初期のVersus XIII予告編では、ノクティスの目が赤くなっていました。
ファイナルファンタジーXVでは、これは彼が六神を召喚したときに起こります

Final Fantasy XVは同じ色の新しいロゴアートを使用しています。
プレイヤーがゲームを完了すると、ロゴが新しいバージョンに変わります。

ArdynがファイナルファンタジーXV:エピソードArdynのオープニングでMars Sapientia'sに変装してインソムニアに入るシーンは、ノクティスが黒い車でインソムニアに入ったファイナルファンタジーヴェルサスXIIIの予告編を再現したものです。
アーデンとレギスの対決は、両方ともファントムソードを引きつけるもので、ノクティスがVersus XIIIのフード付きの男性に対して対決したことを連想させます。


6.スタッフ

省略。


7.声優

省略。


8.ギャラリー

省略。


9.雑学

ファイナルファンタジーXVのインソムニアのポスターには、空の椅子とテキスト「The Palace of Lucis」が描かれています。
この椅子は、ノクティスがファイナルファンタジーヴェルサスXIIIのキーアートで座っているものに見られたものです。

ファイナルファンタジーXVのオープニングでは、城郭の階段の一番下に駐車した車はレガリアではありません。
Final Fantasy Versus XIII予告編に示されている車に似ています。
Final Fantasy XV:Pocket Editionでは、このシーンの車がレガリアに変更されました。

キングダムハーツIIIには、ファイナルファンタジーヴェルサスXIIIを大いに暗示するVerum Rexと呼ばれるメイクアップゲームの予告編があります。
プレイヤーが最初におもちゃ箱に行ったときにゲームのコマーシャルとして表示され、明らかに世界で人気のあるゲームであり、レックスのお気に入りです。
ポスターは、おもちゃ箱のゲームストアの3階メインギャラクシートイズにもあります。
キングダムハーツIIIは、キャンセルされたVersus XIIIのディレクターである野村哲也が監督しています。


10.外部リンク

省略。


11.参照

省略。



以上。
[番号]で示されてるのは11項で情報ソースがリンクされてるので是非元ページの方を見てみてください。
特に開発経緯は日付まで正確で分かりやすくていいですね。
ー2019/10/24




↓拍手頂けると更新の励みになります。

拍手[1回]

PR

コメント

1. 無題

日々更新お疲れ様です。FF15の1ユーザーとして記事のほうを興味深く拝見させていただきました。

やはり発表から発売まで10年以上の月日をかけてしまった作品であるがゆえに、さまざまな風説が流布しているなか、比較的信頼度の高い情報を見ることができたのは大変ありがたいです。

この記事の中で気になったのが「ゲームは世界地図と完全にシームレスである必要がありました。」という一文です。FFヴェルサスXIIIのオープンワールド化(厳密に言えば微妙に異なりそうですが)の案は野村D時代からすでにあったのかと考えられる一文で、個人的には少し驚きました。
なぜなら一説では、本来ヴェルサスXIIIはオープンワールドではなく、オープンワールド化は無理だとエンジニアから言われながらも田畑Dが無理に強行したという話もささやかれていたため、それと真逆に聞こえる説だったからです。

こういう記事には大変興味があるので、これからもぜひ書いていただければと思います。

オープンワールドの定義

まず、オープンワールドの定義は以下の通りで、必ずしも広いシームレスマップを必要としません。
・舞台となる仮想世界を自由に動き回って探索・攻略できるように設計されたレベルデザイン
・定められた攻略手順の遵守を要求されないゲーム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

要はシナリオ進行に関係なく、行こうと思えば最初からどこにでも行けるようなゲームが「オープンワールド」なのですが、最近は私も含めて広くてシームレスならオープンワールドと呼ばれることが増えてます。

ただ、ゲーム開発者はやはりこの定義を理解した上で「オープンワールド」という言葉を使ってるようで、田畑氏は「世界はシームレスに広がっていますが,一般的なオープンワールドRPGのように,どこへ行っても,どう進めてもいいよというゲームではない」と発言してます。
https://www.4gamer.net/games/260/G026084/20140917119/

野村氏は「オープンフィールドなので、荒野は現在見えている範囲は山以外ほぼ全て歩ける」「極力シームレスになるように考えている」と発言されていて、こちらも定義を理解した上で「オープンフィールド」という言葉を使ったのだと思います。
https://img.atwikiimg.com/www65.atwiki.jp/tsuraiwa/attach/51/177/2010.jpg

ここからはただの推測ですが、ヴェルサスも基本的には広いシームレスマップを採用していて、シナリオ進行に応じて戻れなくなる=自由に探索・寄り道ができないような作りだったのかなと思ってます。
過去FFが途中で最初の地方に戻っても何もないように、例えば王都襲撃後はインソムニアに戻ることはできないとか、いつでも受注できるサブクエやダンジョンがほぼないとかそういう感じかなと。

>田畑Dが無理に強行した
これもインタビューが残ってるので田畑氏が先導したのはその通りなのでしょう。ただ、野村氏時代にも何かしら反対はあったかもしれませんね。

>こういう記事には大変興味があるので、これからもぜひ書いていただければと思います。
ヴェルサスリークはまとめようと思ってます。私が意訳するとFF15よりの内容になってしまうのでまたgoogle翻訳しただけになりますが(^^;

コメントする