忍者ブログ

HAL’s Blog

気になったものを適当にまとめる趣味ブログ。 最近はPCゲーム、というかFF15中心。 PCでの閲覧推奨ですが、サイトデザイン変わり記事のリスト表示が崩れていて直せる気がしません。

FFversusXIIIのリークまとめ(19/11/8 リーク2つ追記)



2019/10/24にディシディアファイナルファンタジーNTのDLCとして『FF15』(Final Fantasy XV / ファイナルファンタジー15)ノクティスの初期衣装(ヴェルサス衣装)が発表され、前回記事では『ヴェルサス』(Final Fantasy Versus XIII / ファイナルファンタジーヴェルサス13)の公的情報をまとめました。

関連記事:FFversusXIIIの開発経緯や公的情報まとめ


その際、元々は『ヴェルサス』のリークを探してたところ13種類ものリークがあるらしいと知り、いくつかは日本語でも見つかるのですが、バラけていて全容がつかめません。

なので、今回は各リークをgoogle翻訳しただけのものをリークされた日付順にまとめていきます。固有名詞等で明らかに間違ってるものは修正してます。
13種類といっても全部は見つけきれてないですし、同人創作レベルのものも多いようでソースが辿れないものもあります。一つ一つは国内のまとめサイト等にもあるので見たことある人も多いのではと思います。

前提知識
2013/6/12 E3にて『FF15』に改題
2016/9/30 『FF15』の当初の発売日
2016/11/29 『FF15』発売日
2017/6/27 エピソードプロンプト配信




1.2012/5/30 動画リーク

動画リーク。実際は大学のコンテスト用に学生により作成されたフェイク動画。



本物の『FF15』とロゴが異なる上に、PS3/WiiUマルチと適当だったりしますが、この時点で『FF15』になることを当てたのは凄い。


2.2016/6/14 『FF15』発売前ネタバレリーク

4chanに投稿されたリークがNeoGAFに転載されたもの。4chanソースは消滅しているものの、発売半年も前に『FF15』の内容を正確に答えてるので、限りなく「本物のリーク」ですね。

Q:物語におけるゲンティアナの役割は?
A:ゲンティアナは人間変装のシヴァです。犬はシヴァの召使です。

Q:誰が死ぬのか?誰が最終ボスなのか?
A:ルーナとパパは死に、最後のボスはアーデン、赤い頭の男

Q:>ルーナは死ぬ王は死ぬ、f ***はハッピーエンドですか?
A:ノクティスはロリゴーストルーナを見ることができるので大丈夫です。彼の仲間も元気です。

Q:アラネア等とロマンスできますか?
A:誰もロマンスできない。

Q:すべての召喚獣は何であり、どのように見えるのですか?
A:タイタン、ラムウ、カーバンクル、リヴァイアサン、シヴァ、イフリート、バハムート。

Q:写真はまだゲーム内で関連しており、ゲーム内のVersus XIIIの衣装はありますか?」-> pic http://i.imgur.com/809NrhX.jpg
A:彼は違います。彼がそうであるなら、それは文字通りいくつかの認識できない無名の副役です。
また、私は彼らがゲームに参加することを約束することはできません。なぜなら、コスチュームは開発者の頭の中の最後のもののようなものだからです。

Q:最近行った変更は何ですか?
A:最近変更されたものは何も興味深いものではありません。
彼らはゲームの最後の行為で投げられるようにしたルーナ/ノクティスのフラッシュバックをたくさん持っており、彼らは本当にそれらをどうするかわかりません。

Q:ノクティスは王になりますか?
A:彼は王になったと言えるかもしれませんが、最後まで支配することはあまりありません。

Q:ルシスや他の都市を探索できますか?都市の大きさはどれくらいですか」
A:最後のボス戦のためだけにLucisに行くので、興奮しないでください。他の都市はJRPGの町の大きさで、特別なものはありません。マップのほとんどは空の土地です。

Q:ゲームには多くの町や都市がありますか?
A:いいえ。

Q:基本的なプロットの概要を示してください。スクリプトは完成していない可能性がありますが、あなたはいくつかのアイデアを持っている必要があります。
A:11月の時点で完全なスクリプトがありますが、混乱しているために変更されています。
・10年後の未来のifritとの戦いから始まります
・本物のゲームが始まり、結婚式のために送られます
・都市が侵略されたと聞いて死んだ王の武器を集めて強力になり、クリスタルを取り戻す
・また、召喚獣を起こしているルーナに追いつく必要があります
ルーナに辿り着いた時赤髪の男が彼女を殺す
・誰もがしばらくの間、悲しいです
・赤い髪の男は、彼が2000歳だと明らかにする
・ Noctisは彼と戦うために王の指輪に魔法を収集するために10年間の眠りにつかなければならない
・ノクティスが出て、グループは主要都市で彼と戦う
・最初にイフリート、次に通常の赤い頭、そして彼のモンスター版
・Noctisが勝つ
それでおしまい。

Q:それでは、10年後のNoctisのデザインはどうですか?
A:それはまだモデル化されていません。あなたが今それをプレイするとき、それはただ彼の若いです。私はコンセプトアートを見たことがありませんが、ゴーストのレギスは彼が年をとっているように見えるので、おそらく新しい決定的な特徴を持っていると指摘しています。

Q:召喚の戦いはどのように進みますか?ノクティスは本当に彼の剣だけでタイタンを押し戻しますか?
なぜ過去のルーシス王の武器がルーシスではなく世界中に広がるのですか?
A:彼らは通常のボスの戦いのようですが、大規模で、タイタンのようなもののために、彼が彼に近づくために彼があなたに向かって叫んでいる間に彼の周りにミニダンジョンをしなければなりません。他のボスと同じように受け流します。
武器はクリスタルに関連した神聖な場所に埋まっているために広がっています。

Q:服装について教えてください、服を着替えることができますか?スーツについて知っていますか?
A:あなたは実際にパーティーのメンバーの服を着替えることができますが、それは無意味です、あなたは黒ではないものを得ていません。

Q:
1.なぜ彼らはレギスのデザインを変更したの ですか?
2.野村はなぜFFXVを離れたのですか?
3.ゲーム(プレイタイム)はどれくらいの長さで、マップは本当に彼らが言うほど大きいのですか?
A:
1.なぜなら、彼らは三部作から一つのゲームにそれを削減するために多くの物語を書き直さなければならなかったので、お父さんのキャラクターは大きく変わりました。 また、彼をキングスグレーブのデザインのように見せるために。
2.野村の三部作の希望を言ったので、スクエアはむしろKH3とFF7のリメイクで彼を持っているからです。野村にとっては良かったのですが、パート1を出すためだけに、さらに2年ほど時間がかかりました。
3.現在は約40時間ですが、フェッチクエストをさらに強く奨励することで、約50に上げようとしています。 マップはプレイ可能な形式ではなく、現在はセグメント化されたレベルです。一部は機能し、一部は機能しません。

Q:彼らが準備しているdlcはありますか?
kh3とff7rに関する情報はありますか?発売日や何か?
A:ええ、それは来ますが、彼らはGladioに関するものを除いてまだ何も知りません。なぜなら彼はゲームにはほとんど何もないからです。彼らは今、メインゲームをより心配しています。それらに関するニュースはなく、彼らについての多くのコミュニケーションもありません。

Q :
1.戦闘はまだ進行中ですか?それとも実際に修正されていますか?
2. なぜ戦闘システムをE3 2013から変更したのですか?
A:
1.Platデモで年取ったNoctisとして戦うときとほぼ同じです。 彼らは、チームスペシャルを古いデモからL1に変更しました。 plat demoが気に入ったら、それでいい。 あなたがそうでない場合、それは永久にs ***です。
2.E3 2013は、Norumaのゲームの本来のバージョンに基づいた概念実証であり、それ以上のものではありませんでした。田畑は、e3での表示中に、すでにそれとキャラクター/ストーリーを変更していました。

Q:彼らはファントムソードを修理したと言ってください、それを制御することは不可能です***。彼らが言ったと言ってください。
A:剣は今の最初のデモのように少し少なく、気分が良くなるならKH2でファイナルフォームに行ったときのように少しなります。 しかし、あまり興奮しないでください、両方の中間のようです。

Q:>田畑はすでにe3での表示中に、それとキャラクター/ストーリーを変更していた
しかし、当時の野村はまだ監督だった、田畑は2013年12月に監督になったと言った。
A:それはそのようなものがどのように働くかではありません。あなたはそのような生産を不快に変えるだけでなく、その段階的です。野村は2013年にe3で彼らが見せた予告編を監督しました。

Q:FFXVIは今取り組んでいますか?そして誰によって?
A:FFXVIは、XVがうまく機能する場合にのみ発生します。

Q:私はあなたを信じない。XVが300万しか販売しない場合でも、はるかに小さい規模であってもXVIが発生します。彼らはおそらく私たちが話すようにXVIに取り組んでいます。
A:そうではないことを約束できます。すべてがXVメインチームに進み、他のチームは7リメイクとKH3に取り組んでいます。XVIをひそかにやっている人はいない。

Q:ゲームは日本で作られており、ローカリゼーションチームは日本にいます。誰もあなたを信じていない。
A:現在、米国では英語で、EUでは7つの言語でテスト済みです。

Q:ステラはルーナに置き換わり、レギスはまだゲームに参加していますが、彼のデザイン変更は彼の役割に何の意味もありません。 プロンプトのデザインもバカに変えました。
A:あなたはルーナとステラを同等のものとして扱っています。そうではありません。前にも言ったように、V13から15への移行の多くは、V13のファンと誇大宣伝を維持するためのイメージを維持することでした。ルーナは、わずかに書き直されたステラではなく、まったく異なるキャラクターです。重要なのは、それ以降、ゲームの状況は大きく変わったということです。そして、リリースの4か月前に、彼らは今でも変化しています。

Q:イドラの日本の声優について何か知っていますか?彼は変わったのですか?彼は少し前に亡くなったと聞きました。
A:私はあまり知りませんが、特に後半の書き直しのために、彼らはとにかくゲームのために多くの会話を再記録しています。バイオショックインフィニットとほぼ同じ状態にあり、リリースゲームと同じシーンの予告編を見せていましたが、リリースゲームは異なるプロットで100%異なる対話をしていました。

Q:リリースから数か月後に、ゲームはどうしてこんなに未完成で、まだ作業中であるのでしょうか?
A:普通じゃない。 英語の音声録音のロックは3週間以内に予定されていますが、行を書き直し続けます。 誰もが9月30日リリースについてf ***として緊張しています。 大きな1日目のパッチを期待しています。

Q:PS4K互換機能はありますか?
A:今誰もそれに触れていない。ps4で「再生可能」なのはわずか2時間で、xboxバージョンはほとんどオンになりません。PS4Kについては誰も考えていません。PS4の移植と最適化だけです。Xboxビルドは3週間遅れています。

Q:あなたは嘘をついています。彼らは昨年12月にゲームが最初から最後までプレイ可能であり、すべてのコンテンツが完成したことを確認しました。
A:それは完成し、彼らが作ったハイエンドPCで最初から最後までプレイすることができましたが、PS4ポートは混乱し、通常のラップの後にデザインと書き直しを開始しました。なぜなら、ムービーを修正するためにショットを拾うなど、人々と一緒にs ***のように起こっているからです。

Q:>今誰もそれに触れていない。ps4で「再生可能」なのはわずか2時間で、xboxバージョンはほとんどオンになりません。PS4Kについては誰も考えていません。PS4の移植と最適化だけです。Xboxビルドは3週間遅れています。
おいおい、もしそうなら、それは2017年12月または早い時期に遅れていたでしょう。 より信じられないほどの雄牛を思い付く***。
A:私はそれがどのように聞こえるか知っていますが、本当です。

Q:>ps4で「再生可能」なのはわずか2時間 しかし、エピソードDuscae 2.0はPS4では問題なく実行されました。 2時間ですか?
A:それには、数ヶ月、数ヶ月、数ヶ月の熱心なケアと2.0パッチが与えられました。 そして、信じられないかもしれませんが、ゲームのその部分は実際にはデモと同じようには実行されません。 本当にオープニング2時間だけ「動作する」。


3.2016/11/03 ヴェルサス変更の経緯リーク?(19/11/8追記)

フランスの個人ブログに投稿されたリーク?。記事冒頭で感謝を述べていて既出インタビューをまとめただけに見えるが最後に簡単なシナリオリークがある。
投稿者のRbzさんはArtiStick社のディレクターとグラフィックデザイナーらしいので関わってた可能性はあるかもしれません。

この記事とトラッドについて、JVCのeurogamerとraiden whiteに感謝します。

チームは、2012年にファイナルファンタジーXVになったゲームであるVersus XIIIが失敗したことを私たちに伝えることに不安を感じていました。

すべての正確な理由を知っているわけではありませんが、見逃すべきいくつかの手がかりがあります。
スクウェア・エニックスの従業員は、夕食時に田畑と長谷川に少し水をやったら、このテーマについて3時間話したと言っています!

スクウェア・エニックスの最も有名なキャラクターデザイナーである野村哲也は、インタビュー中はいつも無頓着でしたが、同社最大の今後のゲームのディレクターに昇進しました。
不安な監督として知られている彼は、かつて東京でイベントを開催し、舞台裏から、ゲームの初期バージョンに参加しているジャーナリストの顔をライブで見て、彼らの反応をリアルタイムで監視していました。

ゲームはさまざまな方向に投影され続け、ある日、これに続いて野村はプロジェクトから削除されました。

田畑は、これまで小さなプロジェクトでしか働いていなかったが、最終的にはディレクターに昇進した。
彼は到着し、「疲れ果てた」、「疲れ果てた」、「不機嫌な」チームを見つけました。
彼の物事のやり方は当初議論の余地があり、フラットな環境を作り、階層システムを取り除き、全員を平等な立場に置きました。

田畑はスタジオの雰囲気を変えました。
私たちは、誰もが失うものを恐れているところから、誰がもっと多くのものを獲得できるかという考えに啓発されるところに行きました。
リストラはチームに信じられないほどの影響を与えました。
ある日は文字通りリーダーになり、翌日には別の仕事のフォロワーになることができました。

Versus XIIIのリークといくつかの点での失敗:
Versus XIIIは成長を続け、重要な技術的進歩が達成されなかったときにゲームの3部作の形をとるまで、紙の上で成長しました。
このプロジェクトは、互いに結びついていない優れたアイデアをまとめたものです。
最初の予告編は概念的なものであり、インソムニアの街でのステラとノクティスの反対のような要素は、2011年のVersus XIIIにはもう存在していませんでした。
ステラの役割は非常にFNC重かったが、キャラクターは最終的にスクリーンタイムがほとんどなかったため、最初のゲームは、ニフルハイムの軍隊のスカートに拘束されたステラを救うという目標があった。
2番目のゲームはインソムニアのカバーに焦点を当て、3番目のゲームは神々に対するノクティスを特集しました。
失敗の主な原因は、野村の管理ミスが原因で、チームが技術的な問題に歩み寄り、誰も解決方法を知らなかったためです。


4.2016/12/5 ヴェルサスシナリオリーク

Ddennu氏によりGAMEFAQSに投稿されたヴェルサスシナリオのリークで、おそらく『FF15』発売後の最初のリーク。
基本的に発売以降は『FF15』を元に理想のシナリオをいくらでも創作できるものの、発売からわずか1週間で投稿されてることと、エピソードプロンプト配信前にプロンプトの出生を当てているためシナリオリークとしては最も信憑性が高い。他のリークもこれを参考にしているものが多い様子。(ちなみに原文が汚くて適切に改行いれないと翻訳がめちゃくちゃになる。。)

・ノクティスは同じく死ぬが、より象徴的な方法で、彼は眠るつもりのように彼の玉座で死ぬ(somnusへの参照)

・プロンプトとグラディオは、ある時点でノクティスを裏切ったでしょう。
元の三部作では、プロンプトはニフルハイム人かつ彼のお父さんはヴァーサタイル(非常に大きな敵対者)で、gladioは、彼がnoctを王としてではなく友人として認めていたため、それを行いました。 (xvのように)

・コルは彼が成長した様子を見て誇りに思っていると言い最後のゲームでノクティスの腕で死ぬ。彼はまた、初期のトレーラーで口ひげを生やした運転手でもありました。彼は孤児であり、ルシスに移住した。

・レギスは最初のゲームの終わりに死にます。彼の殺人者の名前は以下の通りです。

・ステラは生きていたでしょうが、非常に良い健康状態ではありません。彼女はヴェルサスxiiiの主な敵対者ではなく、彼女の両親は彼女が子供のときに殺されました。彼女の兄弟は、ルシス/テネブラエ同盟とニフルハイム(より正確にはardyn)の二重スパイになりました。彼女は臨死体験を経験しました。彼女を担当する高官は命令によって彼女を殺そうとしました。

・ヴェルサスxiiiには4つの主要な悪役がいました:最初のゲームでレイヴス、2番目のゲームでヴァーサタイル、3番目のゲームでArdyn(今回はardenと名付けられた)。
Clarus amicitia(e3 2013でファンによってノクティスの邪悪な叔父と名付けられたオリジナル)はレギスを殺し、ニフルハイムが密かに侵略を組織することを許可した人でした、なぜなら嫉妬と彼の友人を利己的な王と見なしているからです。

・レイヴスはより穏やかで、テネブラエの魔法を使用しました。彼はノクティスのように死者を見ることができたが、それをサポートしなかったため、盲目だった。
彼は最初のゲームの最後のボスであるが、2番目のゲームで死ぬ、ステラは、アーデンのせいで彼がフードの下にいることを知らずに、彼を殺した。

・Verstaelは、ヴェルサスxiiiの最も危険な悪役でした。彼は王室の血の力に取りつかれています。彼は、ソルハイムとテネブラの併合国からの人間の被験者を使用しました。彼は息子のプロンプトにmagitekを注入しましたが、失敗だったので彼を置き去りにしました。彼はプロンプトにグループを急いで裏切らせ、インソムニアをマジテックブラストで吹き飛ばします。
Ardynがスクリーン上のイドラをgraleaで殺すと、verstaelはniiflheimの新しい支配者になり、彼はNoctisとpromptoの両方で実験を行い、eosを作成した存在の1つを再作成しますが、この怪物が彼を殺します、これは2番目のゲームの最後のボスです。
そしてプロンプトはこの戦いの終わりに死にます。後に彼はアーデンと魔法の協定を結んだことが明らかになった。レイヴスのように。

・平和条約はゲーム内のシーンであったため、イドラはより重要な役割を果たしました。彼はまたあるシーンではArdynをいじめ、ノクティスが宰相を助けましたが、これは犠牲者を演じる彼からの策略でした。

・グラディオは、ノクティスに運命づけられた父親から写真を撮ります。ノクティスはクレイラスを殺します。2006年の最初の予告編のシーンは、このシーン(3番目のゲーム)の後に行われます。

・アラネアは同じ台本を持っており、基本的には反英雄的で、ゲストキャラクターでした。

・ゲンティアナは完全に異なる役割を持っていた、彼女はヴェルサス13からの神凪だった。彼女は最終的にステラの親友です。彼女は彼女の祖先をeosにする本当の王室の血統の子孫であることが明らかにされます。
彼女はシヴァの生まれ変わりです。 彼女の衣装は彼女が今持っている黒いドレスではありませんでした。彼女のデザインはより武士らしい。

・アーデンは元ルシスの王になるつもりはありませんでした。最初のゲームでは、彼はスクリーンタイムがあまりなく、彼の名前と地位しか知りません。
2番目のゲームでは、彼はノクティスに対するステラポジションの本当の原因として彼を見る:
彼は両方のフルーレ兄弟を操作します。なぜなら、彼らは暗闇から燃料を供給されていると言われるルシス一族の力に対抗できる魔法の力を持っているからです。彼はまた、銃で隠されたフレアの呪文を爆発させるイドラを殺します。
彼の動機は第3ゲームでのみ明らかにされています。
彼は人間を平和に導く任務を負ったエトロによって「最初に創造された」人です。
しかし、彼らは常に力のために戦っていたので、彼はバランスを維持するために暗闇を作り出し、それを優れた存在(召喚獣)であったゲンティアナの先祖に与えました。しかし、ルシスチェラムは、エトロの娘の一人と恋に落ち、このようにして現在の血統を作りました。もともとは、召喚獣からこの力を引き出すためのルシス・チェラム一族の策略でした。彼は人間よりもこの力に値すると判断したため、首謀者はアーデンでした。これは星のペストを作成しました。
エトロは彼を罰し、彼は神から追放され、今は永遠に人間の間で生きています...

・ヴェルサスxiiiでの彼の現在の目標は、ルシス・チェラムとノックス・フルーレ(最後に密かに明らかにされた光の力しか持たない)を崩壊させてカオスをもたらし、エトロを眠りから目覚めさせ、エトロによって作成されたクリスタルで彼女を殺すことです。
これは、夜を啓発するこの不均衡から生まれた疫病である星のペストの触媒であり、人間をより攻撃的で感情に敏感にし、シガイに変えます。

・Ardynは、最後の戦いで彼の元の形(人間サイズ)に変わります。バトルは、現在のファイナルバトルに似ています。
それから彼は彼女のボスとしてステラと一緒に寝ているオフスクリーンのエトロ(ロゴ)を殺します。そして彼女の頭蓋骨(ルシスの紋章)と融合します。
皮肉なことに、アーデンは、盲目の怒りの中で彼がすべての前に死にたいと思っていたことを忘れていました。
ノクティスは魂を死の王国にテレポートさせる彼の力のラストレベルで彼の願いを叶えます。ステラは救われますが、ノクティスの死後、うつ状態になります。

・キャラクターの運命:
ノクティスは死ぬ(弱体化し、彼自身の意志によって)。
グラディオは死ぬ(クレイラスによって)。
プロンプトは死ぬ。
イグニスは生きている。 また、彼はノクティスに100%忠実であり続ける唯一の人です。
ステラは生きている。
レイヴスは死ぬ(ステラによって)。
レギスは死ぬ(クレイラスによって)。
コルは死ぬ(アーデンによって)。
ゲンティアナは生きてシヴァになりますが、アストラルは三部作の終わりに消えることを意味していると暗示されています。 アーデンは、死の王国に生きている。
イドラは死ぬ。
ヴァーサタイルは死ぬ。
グラウカはボス戦で死ぬ。彼はすでに鎧のルシスの裏切り者でした。しかし、彼はドラットーではありませんでした。 (王の剣は存在していましたが、今のようにはまったくありません)
アラネアは生きている。
シドとシドニーが生きている。
ウィスカムはすでに存在していて、ヴェルサスxiiiでは死ぬ。
ノクティスの母は三部作でaulea・ルシス・チェラムと名付けられました。 彼女は死者の王国で生きています。
イリスは今ほど重要ではありませんでした。彼女はもっと若かった。
ロキ、ニックス、ディーノ、ドラットーは2011年まで存在しなかった。

・ゲームプレイ:
-召喚:イフリート(ソルハイム、裏切り者の召喚)、リヴァイアサン(アコルド)、バハムート(ニフルハイム)、フェンリル(テネブラエ、彼は唯一のゲーム内に現れないエンブレムです)、シヴァ(別の無名のアジアのような地域)、ラムウ(別の無名の地域)、カーバンクル、タイタン。

-グラレアは探検可能で、マンチェスターに触発されています。ソルハイムにはアラビアのような場所があります。アコルドはリニアです。インソムニアの城は最後のダンジョンです。

-ステラはプロンプトの死後にプレイ可能になります。

-指輪が存在しなかった(または少なくとも指輪としてではなかった)ため、指輪魔法は存在しませんでした。

-衣装やDLCはありません。手動運転はありません。レガリアタイプはありません。

-タイムスキップなし。

タバタがプロットを変更しなければならなかった理由は説明されていません。

リークの真偽はともかく、「アーデンの詳細な思惑」や「2011年まで存在しなかった」等、妙に具体的なところが信憑性を高めてますね。(公的情報と矛盾してる部分もありますが)
また、ファミ通インタビュー記事にある「悲惨とも言える話」となっています。
さらに、同インタビューで「いままでやらなかった禁じ手をいろいろと出していこう」という発言があり、これはただの推測ですが、FF、というかRPGは進行に応じて「仲間が増える」のが普通ですが、このリークにおける「仲間が減っていく」のはまさに『禁じ手』と言えそうです。
ー2019/11/2


5.2016/12/9 『FF15』元開発者リーク

4chanに投稿された「FF15元開発者だけど質問ある?」のアーカイブ。
全てではないですが以下に質問を含めた翻訳がまとめられてます。
参考:FF15: 海外掲示板「FF15元開発者だけれど質問ある?」スレを全訳、カットされたコンテンツやヴェルサス13のストーリーが明らかに

質問を辿るのが大変なのと、本記事は意訳せずgoogle翻訳するのが目的なので、NeoGAFにまとめられている元開発者の回答だけを載せることとします。文脈は他から読み取ってください。
一問一答形式で詳細に答えていることやDLCでキャラクター毎の新メカニックが搭載されると断言してたりと、これも限りなく「本物のリーク」だと思われます。ただ、ヴェルサス部分については同僚から聞いたことを思い出しながら書いたみたいなので信憑性が少し下がります。

ゲームは今年が終了する前にリリースされました。それは契約的なものであり、それは新しいディレクターとの開発が始まる前に石に設定されました。
だからこそ、このゲームでの最後の数ヶ月は苦痛だったのです(そして、7月から10月が私の仲間にとってどのようになっていたか想像できませんでした)。

並べ替え。昨年、ファンはグラディオラス、イグニス、プロンプトとしてプレイするように頼み続けたため、ゲームのストーリーは書き直されました。
そのため、それらのキャラクターのプレイ可能なチャプターをナラティブに挿入する必要がありましたが、作業する時間がなかったため、ダウンロードからダウンロードするという決定が最初から行われました。
時間内に終了できなかったため、カットされたゲームレベル、シーン、オプションがあることを知っています。
ダウンロードとしてリリースされるかどうかはわかりませんが、そうなることを願っています。

ゲームの結果に対する全体的な感情は、「もっとできたはずだ」と思います。
チームは文字通り時間を使い果たしました。
リリース日にはならないことを知っていたので、未完成のままになっているようなクールなコンセプトやものがありました。
しかし、チームはゲームに取り組んできたことを非常に喜んでおり、時間を無駄にしたとは感じていませんでした。
今、彼らはゲームに取り組み続け、彼らのビジョンに合わせてゲームを改善していくと確信しています。

ゲームは未完成です。チームは、7月の状態でリリースされた場合、批評家によって破壊されると感じたため、ゲームは遅れました。

開発時間のほとんどは、Lucisエリアに集中していました。
ゲームの後半部分には、キャラクターが探索できる(より小さい)エリアがあるはずですが、まだ完成していませんでした。

メインキャラクターの一人は、チームの一部の人からリンゴと呼ばれていました。誰だと思う?

FF部分について。このゲームに取り組んでいる間、クラシックFFをプレイすることは必須だったので、私は彼らに愛を深めました。
彼らはきちんとしていると私はそれらのいくつかを以前にプレイしていたと思います。

そのうちのいくつかは、確かにダウンロードとしてダウンロードしたり、アセットを再利用したりできると確信しています。
しかし、書き直されたストーリーに合わないために、いくつかのレベルがリリースされないのではないかと心配しています。

私は、このゲームは開発に費やせる時間に対して野心的すぎたことに同意しなければなりません。

そのタイプの材料が漏れるとは思いませんが、誰が知っていますか?

Versus XIIIの全容を知らないが、チームメイトがいくつかの詳細について話しているのを聞き、いくつかのことについても尋ねたので、何かを知りたい場合は答えられるかもしれない。

私の意見では、開発プロセスの唯一の問題は、時間がないことであり、時にはプロモーション資料のためだけに実際のゲームの一部ではないものを作成するために開発時間を費やしたことです。
私はそれがPRチームのために行われる必要があることを理解しています。
全体として、私はこのゲームが大丈夫であると判明したと思うし、それに取り組んできたことを非常に誇りに思う。

私は解雇されず、契約は更新されませんでした。

私自身は問題を解決しませんでしたが、コンソールシステムプロセスへの移植は神経質になりました。

彼らはゲームを尊重し、ファンを失望させ、デザインの選択のいくつかが非常に疑わしかったこと以外、ゲームについて悪いことは聞いていません。

ゲームの終わりのことをあなたは言う?
解釈のために開いたままにしておくべきだったと思う。
私が正しく思い出せば、彼らは死のシーンや何かを持っているとは思わなかったので、私は彼らが生きていると思います。

私は今も元雇用主と交渉中です。

何のイズニア?千年前のイズニアを意味する場合、それはノクティスの祖先です。

いいえ、私たちはゲームに取り組むために素材(資産、コンセプトアートなど)を使用しました。

遅い男に答えてすみません、スレッドは速く動いています。

私が言ったように、ほとんどの開発時間の焦点はLucisエリアになったため、ゲームの後半部分には準備ができていないカットコンテンツが多くありました。
しかし、私が知る限り、帝国は一度到達すれば完全に混沌としているという事実は変わりません。

彼らはパーティーメンバーについてであり、彼らの周りに構築された新しいメカニックを紹介します。
しかし、彼らの仕事は私が去る前にほとんどかからなかった。

ソルハイム地域に関しては、私たちはそれに取り組みませんでした。
カットされなかったので、ゲームが伝えようとしていたストーリーに合わなかったと思います。

リヴァイアサンのレベルについて話すと、昨年はレベルの設計が少し異なっていたことを覚えていますが、うまく動作せず、エンジンに問題があったため、再設計する必要がありました。

私は13ユニバースの用語やもののプロットにそれほど馴染みがないので、おそらくこれは間違っていますが、ゲームには複数のクリスタルが存在し、各クリスタルにはボディーガードとして機能する家族がいたと思います。
ノクティスはルシス家の一部であり、ヒロインは他の家系の一部でした。
そして、ゲームは死と関係が深いため、ノクティスは死んだ家族の武器を継続的に使用していました。

特定のレベル(シヴァ像のある雪の多いエリア)は、数週間ノンストップで作業し、その後そのレベルのブートレッグバージョンで作業しなければならなかったため、とにかく削除されると言われたとき。

元ディレクターが詳細を共有していたため、チームは過去のプロジェクトから多くのものを保持する必要がありました。
彼についての詳細が以前に発表されたので、Ravusは保持されなければならなかったものの1つであると思います。
しかし、昨年(映画がフルプロダクションに入った後)ストーリーを部分的に書き直さなければならなかったので、そのキャラクターがゲームと映画の間で矛盾を持っているかもしれないと言わざるを得ません。

それについては知りませんが、今すぐゲームを購入してから、待つ代わりにダウンロードコンテンツを購入します。

チームが彼女を特定のシーンに変更したり削除したりしなければならないと聞いたのは、彼らが最近批判されるような方法で彼女を描いたからです。
そして、他のすべてで起こったことのように、ストーリーでの彼女の役割はリリース前に修正することができなかったようです。

主な主人公のデザインを変更したいチームの責任者や、浮上した契約上の問題などの話を覚えているからです。
要約すると、キャラクターをこのように設計するという決定はかなり前に行われ、ゲームの大部分でそれらの設計を使用する必要がありました。

実際、一部のメンバーは厳しい結果を期待していました。
ゲームに対する彼のビジョンがすべての人に共有されているという十分な自信がなかったからです。
私の知る限り、このゲームは期待に応えています。

ヒロインが他のキャラクターに虐待されたという言及があり、いくつかのシーンはルーナが彼女の健康のために泣いていることを特色とし、男性の主人公の期待/目的を満たすために人生の目標について言及していました。
ゲームが女性キャラクターを描写する方法のためにゲームが悪い評判を運んでいたので、チームはそれが問題になるだろうと考えました。

ゲームは、死、幽霊、幻覚/夢を中心にした。
ノクティスはゲームが始まる前に女性の主人公を殺しましたが、彼は覚えていませんでした。
アーデンはノクティスの祖先であり、彼は時間の経過とともに消える結晶の原因でした(残っている唯一のものはルシスの結晶でした)。
彼のボディーガードが彼を裏切ったため、レギスはノクティスの前で亡くなりました。
主人公は、彼らの国が戦争に負けたため、首都を離れなければなりませんでした。
ゲームはそれほど多くの召喚に焦点を合わせておらず(それらはまだ存在していました)、代わりに物理的に現れない実際の神々がいました。
神の一人は、最初のFFゲームの主な敵でした。
それぞれの国は、世界の異なる首都に触発されました。
帝国は幽霊を武器として使用していました。
レイヴスは妹を殺したノクティスを殺したかった。
ゲームは、彼らの死後のバージョンとなるはずの別の次元で終わりました。
すべての詳細を覚えるのは難しいです。

私の知る限り、チームの次のゲームではこのエンジンを使用する予定はありません。

ええ、ゲームのその部分は時間をかけて残った。

私は彼が好きで、彼は優秀なプロです。
彼は非常に困難な状況で仕事をします。
エンジンはコンソールにうまく適応せず、制限がありました。
私はこのゲームに取り組んできたことを誇りに思っていますが、会社はより多くの開発時間を与えるべきだったと思います。

FF16については知りません。
たくさんのデザインとコンセプトが廃棄されましたが、その一部はフェラーリのものでした。

その衣装のキャラクターモデルはなかったので、私は知りません。

英国の橋と建築物を備えた古いロンドンのように見える都市のコンセプトがありましたが、残りについては知りません。
ゲームでGraleaの首都に使用されるアートワークは、Versusプロジェクトから直接取り出されたため、同じままだったと思います。
しかし、王室は異なっていて、皇帝はそこに座って待っていました。

ゲームの最後の部分はもっと大きくなるはずでした。
暗い世界のレスタルムが終わったという事実を知っています。
年取ったイリスもいくつかのシーンで紹介されました。
シドニーも(また、彼女の古いデザインがキャラクター開発を暗示していたので、それが問題だったとしても、彼らがシドニーデザインを変更したくなかったことを思い出します)。

Tenebraeには小さなダンジョンもあるはずでしたが、これもカットされました。
私が正しく思い出せば、侵略は主人公が街に入るまで始まりませんでした。

元ディレクターについては何も聞いていませんが、2016年にメインラインゲームを出荷する必要があり、メインストリームのトレンドにアピールし、彼らがそれを行うことを田畑に信頼したため、プロジェクトはディレクターを変更する必要がありました。

なぜその章がサバイバルホラーの要素に触発されたのかという意味であれば、チームは勢いを増す良いペースの変化になると考えました。
レベルは配信に失敗し、プレイヤーを悩ませたようです。私は理解しています。

私は知らない、私が去ったときに計画された唯一のDLCエピソードは、3人の友人のためのプレイ可能なレベルでした。

知りませんが、それは起こります。1年か2年ですか?

このゲームは、実際の開発時間はわずか3年でした。

私の知る限り、ゲームは単一のゲームとして始まり、ストーリーはさらに拡大し、元監督はそれを部分に分割したかったのですが、新しいチームによって単一のゲームとして再び凝縮されました。

私の仲間が元の台本を読んでいるとは思わない。
あなたがFF15の2015年の台本を意味するなら、そう、私たちのほとんどは物語と世界デザインで何が変わったか知っています。

そのようなものはカットされましたが、最終的なゲームが示したものと完全に互換性のある物語ではないので、それらのシーンを書き直して声を出さなければなりません。

マルチプレイヤーの背後にある概念の1つは、ダンジョンを探索したり、複数の人で敵を殺したりすることに基づいたスコアリングシステムだったと思います。

まあ、オルティシエ後の最初の停留所は(小さな)オープンワールドエリアがあり、単独で車を運転できました。
シヴァ像に出会うまでのレベルがありました。
ゲームのダークワールドセクションはより多くの環境を特色としており、異なる場所で各パーティメンバーに遭遇し、Lestallumの一部を探索することができました。
最終ボス(別のArdynのフォーム)は、今年の初めにカットされました。
主人公が街に入った後、テネブレイの侵攻が起こり、街の非常に小さな部分とルーナの部屋を探索するようになりました。
ルーナをフィーチャーしたシーンは、問題があると見なされたためカットされました。
コルが登場するのは意味がなかったので、コルは物語の後半から書き出されました(彼はAltissiaの後の小さなオープンエリアでノクティスの仲間でした)。

私はこのVersus XVのことについては知りませんが、本当だとは非常に疑っています。
FF15で開発されている唯一のゲームは、前回聞いたモバイル向けなので、その1つかもしれませんが、私が言ったように、私はそれを非常に疑っています。

ストーリーdlcがさらに計画されていない限り、彼らは未完成の探検可能な荒廃したレベルの世界を作るとは思わない。
応答が良くないので、彼らがルーナのシーンをリリースすることを疑いますが、帝国に関する削除されたシーンはリリースされるかもしれません。

私が言ったように、ルーナはより多くのシーンで紹介されましたが、カットされました。
元々のリヴァイアサンの戦いは、内部と外部、スクリーン上の多くの敵を組み合わせたもので、ルーナも登場しました。
先ほど言ったように、Ardynの最終形態は今年初めにカットされました。
戦略ガイドからは何も聞いていませんが、ストーリーに関する情報が更新されていない可能性があります。

みんな、私は行かなければいけない!
私はあなた方全員に答えようとして数分を費やしました。
後で戻ってくるかもしれません。
ゲームで素晴らしい時間を過ごし、少なくともそれを気に入らなかった人が、人々が良い製品を提供するために一年中ベストを尽くしたことを理解したことを願っています。

ー2019/11/8

続き:FFversusXIIIのリークまとめ2




↓拍手頂けると更新の励みになります。

拍手[1回]

PR

コメント

コメントする