忍者ブログ

HAL’s Blog

気になったものを適当にまとめる趣味ブログ。 最近はPCゲーム、というかFF15中心。 PCでの閲覧推奨ですが、サイトデザイン変わり記事のリスト表示が崩れていて直せる気がしません。 コメントの名前入力も機能してないようです。

FFversusXIIIのリークまとめ3



『ヴェルサス』(Final Fantasy Versus XIII / ファイナルファンタジーヴェルサス13)のリークまとめが長くなって容量制限となったので記事分けました。
リークされた日付順にまとめてます。

前回記事:FFversusXIIIのリークまとめ2

12.2017/5/3 ヴェルサスシナリオリーク
13.2017/7/1 ヴェルサスコンセプトアート
14.2018/1/2 ヴェルサス15等のリーク
15.2018/2/20 ヴェルサス設定リーク
番外.FINAL FANTASY Haeresis XIIIの商標
おまけ.各種インタビュー




12.2017/5/3 ヴェルサスシナリオリーク

PASTEBINに投稿されたヴェルサスシナリオリーク。
シナリオリークとしてはおそらく最長のものです。

-ゲームは3つのゲームの3部構成に分割されることになっており、後に1つのゲームにまとめられた3つの章に変更されました。

-4つの国が所有する4つのクリスタルがありました:Lucis(東京、日本)、Accordo(イタリア、ベニス)、Tenebrae(中世ドイツ/東洋の組み合わせテーマ)、Solheim(アラビアのテーマ)。
5番目の国であるNiflheimは、かなり前にSolheimを買収し、最終的にTenebraeとAccordoもすべてのクリスタルのエネルギーをすぐに使い果たし、LucisのクリスタルはEosで最後のアクティブなクリスタルとなり、ゲームの主な競合を設定します。
ニフルハイム自体は元々、「非クリスタル」国家の集まりで構成されていたが、それは昔、エルダーキャプト家によって1つの国家の下で結ばれていた。

---

-最初のゲーム(またはチャプター)は、(キングスグレイブ映画の代わりに)ニフルハイムによるインソムニアの侵攻から始まりました。

-侵攻は、ニフルハイムの皇帝イドラ達と、レギス王の従兄弟であり、グラディオラスとイリスアミシティアの父であるクレイラスアミシティアによって組織されましたが、クレイラスの役割は最初のゲーム/章では隠されています。

-グラウカは、コル・リオニス(双子の兄弟?)に関連するルシス将軍として紹介され、クレイラスに忠実であり、侵略の設定を支援するためにニフルハイムと協力していることが示されました。
ルシス軍の「最強」将軍。
彼はレギスを殺しません、
クレイラス自身が最初のゲーム/章の終わりにレギスを殺します。

-Noctisはこのゲーム/章で初めてAraneaに出会い、戦った。
彼女はニフルハイムに雇われた傭兵であり、彼らが後のゲームで彼女に支払いをやめると、彼らのために働くのをやめます。

-Ravusは最初のゲーム/チャプターの最後のボスでした。
彼とステラ・ノックス・フルーレはともにテネブラエ出身であり、レイヴスはルシスに侵入するというニフルハイムの真の意図を知っていたが、ステラはそうではなかった。
最初のゲーム/チャプターでフードを装着した彼と何度か遭遇した後、彼は最後のボス戦でステラの兄弟として自分自身を明らかにします。
名目上はニフルハイムの将軍でしたが、彼は密かにアーデンのために働いており、アーデンの命令の下でノクティスを保護し捕獲するために特にそこにいました(最初のゲーム/章では、レイヴスのマスターとしてのアーデンのアイデンティティは隠されています)。
ボスの戦いの終わりに、RavusはNoctisから脱出しました。

-アーデンは最初のゲームのほとんどで愚かで無関心な官僚として描かれました。
これは、最終版で描かれているように、他の真面目で計算的なNiflheimの将軍とは異なり、最初のゲーム/章では、Ardynが何らかの形で文字列を舞台裏で引っ張っているというヒントはほとんどありませんでした。

-最初のゲーム/チャプターは、NiflheimのLucisへの侵攻が成功し、Clarusの下でLucisの新しい政権が設立され、彼のクリスタルのエネルギーを世界中の人々と共有することに同意しました。
ノクティスと彼のギャングは街を脱出し、「復讐」を企てる安全な避難所を探します。
コル、イリスなど、他のキャラクターも街から脱出します。

---

-2番目のゲーム/チャプターで、ノクティスと彼のギャングは大陸を旅し、コルリオニスと会いました。
彼はクレイクスがニフルハイムと協力して父親を殺し、王位に就いたことをノクティスに明かし、ノクティスは激怒した。
落ち着いた後、ノクティスとコルは、グラディオラスからクレイラスの役割を今のところ秘密にしておくことにしました。
(リーク者のメモ:グラディオラス、イリス、その他はクレイラスがニフルハイムによって「人質」にされていると推測しているのであって、クレイラスが積極的に彼らを助けているわけではない)

-コルの計画は、ルシスの真の王がまだ生きていることを発表することにより、ニフルハイムに対する他の国々の間でレジスタンスを組織することであり、ノクティスにアコルドで会うように告げる。

-アコルドの指導者との話し合いの中で、ノクティスを信頼しなかった情報提供者が、ニフルハイムにノクティスの存在について話し、ニフルハイムが以前はニフルハイムの下で特権的な地位を享受していた都市に軍隊を送って占領させた。
(この部分でリヴァイアサンは目覚め、街をニフルハイムから「守る」。ノクティスはリヴァイアサンを支配しなくなったため殺すことを余儀なくされる)

-ノクティスにとって街はもはや安全ではなかったため、コルとギャングはテネブラエに向かうことにしました。テネブラエは、レイヴスとステラノックスフルーレの不在で、現在「神凪」の監視下にあります。
ノクティスはまた、悪名高い「パーティーシーン」で最初のゲーム/チャプターで出会ったステラの行方を知りたいと考えています。
彼らはエトロの光を見ることができること、そしてその後彼の夢/幻覚に現れたことの両方について話しました。

-Tenebraeに到着すると、彼らはTenebraeの土地「北」に住む神凪(Gentiana)と出会いました(世界のこの地域は最終ゲームから削除され、Gentianaの役割が変わりました)
彼女は、よりファンタジーなヨーロッパ風の服を着ている他のテネブラエとは異なり、オリエンタル風の服を着ています。
彼女には男性と女性の2人のアシスタントがいて、人間と動物の間で形を変えることができます。

-(伝承フラッシュバック)GentianaはEocの起源についてNoctisに語りました。
Eosは女神Etroによって作成されたもので、この新しい世界の人々を監視する守護者を任命しました。
その「守護者」は、Eosの人間が常に4つのクリスタルの力をめぐって互いに戦っていることに気づいたので、人間同士の戦いを終わらせるために人間が団結する共通の敵を作成するというアイデアを思いつきました。
その敵はシガイとして知られるようになりました。
エトロは彼の計画を承認せず、彼の力を剥奪し、永久に彼を死すべき者の体に閉じ込めました。
ゲンティアナは、ニフルハイム軍が使用している現在のシガイが、守護者によって作成されたこれらのシガイである可能性があることを恐れており、ニフルハイムの支配家族は守護者に関連していると推測しています。
ゲンティアナは、ノクティスに、ステラが彼を待っているニフルハイムに行き、シガイの源を見つけて破壊するように、そしてテネブラエはノクティスが王座を取り戻すのを助けるように告げる。

-ニフルハイムの大陸はイギリスの産業時代に基づいており、大陸全体に大規模な鉱山と製錬工場があります。
首都自体はより近代的です。

-ノクティスとギャングは、ステラと会うはずの場所に到着しましたが、代わりに、最後の出会いでひどく傷ついたレイヴス率いるニフルハイム兵士に待ち伏せされました。

-牢屋で、レイヴスはノクティスに、彼はノクティスの敵ではないこと、また彼がニフルハイムからテネブラエを解放するために働いていると説明した。
彼はノクティスと彼の友人たちを解放し、ヴァーサタイルが率いるシガイの研究が行われている場所を彼に告げる。

-研究所に入ると、プロンプトは自分のコントロールを失い始め、パーティーを去りました。
実験室では、特にソルハイムと外側のニフルハイムの人間に関して、多くの人間実験が行われています。
元のプロットでは、シガイは人間の「真の」形であると想定されていました。
パーティーは、Promptoを管理しているVerstaelを見つけました。Verstaelは、Promptoが失敗した実験を行った息子であることを明らかにしました。
ヴァーサタイルの目標は、人間の真の可能性を解き放つことであり、彼は自分自身を半分人間、半分悪魔に変えます。
パーティーは彼を打ち負かし、Promptoを救出します。

-パーティは皇帝を打ち負かすことにした。
パーティーは皇帝を見つけます。皇帝は最後のクリスタルのエネルギーを使用して研究を行い、クリスタルのエネルギーを置き換えることができる技術を作成し、エルダーキャプト家が技術の独占で世界を永遠に支配できるようにすることを明らかにします 。
彼らは戦うが、アーデンが介入し、皇帝を殺し、そのような研究は時間の無駄になるだろうと言った。
アーデンはその後、彼が最初のゲーム/チャプターでレイヴスのマスターであり、ゲンティアナが語った「守護者」であり、ヴァーサタイルにシガイの研究を提供した人であることを明らかにします。
(リーク者はこれが非常に驚くべきことであると言っており、アーデンはゲームのこの時点までほとんどスクリーンタイムを受け取りません)。

-(伝承フラッシュバック)アーデンは、他の国々を征服するためにニフルハイムが設立されて以来、何世紀にもわたってニフルハイムを支援してきたと言います。
彼は人間の生の感情を解き放つことによって「シガイ」を作成しましたが、エトロは彼の力に嫉妬し、代わりに世界を支配するために愛から生まれた息子を送りました。
これは最終的にNox Fleuretファミリーになりました。
しかし、エトロが彼女の領域に戻る前に、彼女は別の人間の欲望に誘惑され、エトロの力を持った別の家族を作りました。
これが最終的にルシス・チェラム家になりました。
エトロは彼女の行動にとても恥ずかしかったので、彼女は二度と戻ってこないように世界を去りました。
Ardynの目標は、世界の残りのクリスタルをすべて使い果たし、Nox Fleuretの子孫とLucis Caelumの間、および人間とシガイの間で紛争を引き起こすことです。
エトロが無意識のうちに彼女の子供たち(ノックス・フルーレとルシス・チェラム)と会うことを望んだようにエトロにこの世界への門を開けさせ、アーデンが最終的に神の領域に戻ることを可能にしました。
これを実現するために、ノクティスがすべての生の感情を解き放つ必要があり、そして彼はパーティーの後、復活した醜いバージョンのヴァーサタイルのシガイを送ります(最終ボス戦)。
これにより、首都ビルの大部分が爆発し、ノクティスとパーティは追い出されます。
彼らが建物から脱出しようとしているとき、ステラは彼らを救出します(最初のゲーム/チャプターの開始以来、ゲームに登場するステラ)。
2番目のゲーム/チャプターは、ノクティス、彼のギャング、およびステラがニフルハイムを去って終了します。
イドラは死んでいると発表され、ヴァーサタイル(何らかの形で)はニフルハイムの新しい皇帝として発表されています。

---

-最後のゲーム/チャプターは、ノクティス、彼のギャング、およびステラがテネブラエに戻ることから始まりました。
ノクティスは、彼がアーデンから聞いたニュースにまだショックを受けています。
ステラは、彼女が家族についての真実をアーデンから学んだレイヴスから学んだと説明します。
レイヴスは、エトロがこの世界に戻って3つの期限切れのクリスタルに光を戻さなければならないと信じていました、
そして、これを行う唯一の方法はノクティスとルシス・チェラム家を打ち負かし、エトロの恥を和らげることでした。
したがって、アーデンの唯一の目標は神の領域に戻ることであり、これを達成するためにイオスを破壊する意思があることを知るまで、レイヴスはアーデンと協力してこの目標を達成しました。
一方、ステラは、ゲンティアナの助けを借りて、エトロをこの世界に戻す別の方法が必要であり、エトロの子孫として、エトロ(エトロの光)と通信できる必要があると考えています。
ノクティスは、彼の家族についての真実を知っていると思った父親にまだ怒っていたが、今のところステラに同意し、彼らはクリスタルと話すためにルシスに戻ることにした。

-ルシスへ向かう途中で、ノクティスとステラはクリスタルと話すために7つのアストラル(召喚)を獲得しました:イフリート(現在のニフルハイム近くのソルハイム)、バハムート(ニフルハイム近く)、フェンリル(テネブラエ近く)、シヴァ(テネブラエ、Gentianaの買収)、Leviathan(Accordo)、TitanおよびRamuh(Lucis付近)

-ルシスでは、ノクティスと彼のパーティーが宮殿に潜入し、そこでグラウカと出会いました。
これは無敵のボス戦であり、あなたは逃げなければなりません。

-グラディオラスは、彼の父親がキングレギスを殺害した人物であることを知り、彼がノクティスと父親のどちらに忠誠を期すべきか疑わしいためにパーティーを去った。

-ノクティスはクレイラスに立ち向かい、クレイラスは彼の父親(キングレギス)がエトロの呪いを終わらせるために血統を終わらせる準備ができていたが、クレイラスは彼にそれをさせる準備ができていなかったので、ニフルハイムと協力して彼から王位を奪った。
クレイラスはその後ノクティスでスイングしますが、グラディオラスは打撃をブロックし、彼を殺します。

>-Ravusが到着し、シガイに似たNoctisを倒す必要があると言います。
あなたはこのボス戦でRavusとしてプレイします。
第一段階の後、ボス戦は第二段階で無敵であり、ノクティスはレイヴスを破ります。

-RavusはEosの運命が現在Stellaの手にあることをStellaに伝えました。
Noctisはルシスのクリスタルから残りのエネルギーをすべて吸収し、世界の4つのクリスタルを破壊します。
これにより、多くの人々が感情を解き放ち、シガイになります。
Lucisクリスタルの周りのエリアは、死者の王国への玄関口となり、誰もが引き寄せられます。

-死者の王国で、ステラとパーティーはエトロを発見しました(グラディオラスを含む各パーティメンバーは、死者の王国で自分の裁判を受けなければなりませんでした)。
エトロは眠っていて(ロゴと同じポーズ)、ステラは彼女に目を覚ますように懇願しますが、アーディンが到着して、EtroはもはやEosやその人々を気にしないので、それは役に立たないと言います。
その後、アーディンは復讐のためにエトロを殺そうとするが、代わりに彼女に吸収される。
これによりエトロは目を覚まし、イオスに起こったことに恐ろしくなりますが、最終的にノックス・フルーレ(ステラ)と再会することを喜んでいます。
エトロはステラに彼女と一緒にいてイオスを残すよう頼みますが、ステラは拒否し、アーデンとエトロのハイブリッドのアーデン部分が顕著に成長し、ステラも吸収する。

-Noctisの制御下にあるNoctisは、父親と母親のAulea Lucis Caelum(子供時代のNoctゲームプレイの部分)を巻き込んで、死者の王国で彼自身の裁判を受けました。
彼の父と母がどれほど彼を愛していたかを見た後、彼の家族と彼の家族の起源に対する彼の憎しみはおさまり、彼はそれほどシガイ的になりません。
ノクティスは彼の裁判から現れ、アーデンとエトロとステラのハイブリッドを見つけました。
今彼のパーティーと再会し、彼はハイブリッドと戦い、最初にArdyn-Etro-Stellaハイブリッドを破壊し、次にEtro-Stellaハイブリッドを破壊し、最後にソロバージョンのStella(最終ボス戦)を破壊します。
ステラを解放した後、ノクティスはエトロと一緒に死者の王国にとどまり、エストロをエトロの恥から完全に解放し、ステラは彼にそうしないように訴えます。
NoctisはEtroと融合し、次に、ゲートウェイを開き、Stellaと残りのパーティを反対側に押し出します。
最後のゲーム/チャプターは、ルシスとニフルハイムの両方が君主制を終了することで終わります。
ルシスはイグニスに率いられ、ステラはゲンティアナの手にテネブラエを残して旅に出発し、ノクティスはルシスの玉座に座って眠っています。

---

その他
-最大4人の交換可能なパーティーメンバーがいました。
特定の条件を満たすと、追加のパーティメンバーが「非ストーリー」ミッションのロックを解除できます。
Cor(2番目のゲーム/チャプターで会った後)、Aranea(2番目のゲーム/チャプターで傭兵グループのクエストラインを終了した後)、Iris (2番目のゲーム/チャプターで一連のクエストを完了した後)、およびStella(3番目のゲーム/チャプター)。

-レイヴスはステラと同様にノックス・フルーレ・ファントムソードで戦った。
アーデンは人間の形で、傘に隠れた銃で戦った。

-Niflheimの将軍ロキが関与するサイドミッションのラインがあり、2番目のゲーム/チャプターから始まりました。
彼は最終版とは違って見えました。

-運転は最終版とは異なり、都市と主要地域(Accordo、Tenebrae、Niflheim)の周りにオープンワールドエリアが存在していましたが、それらははるかに小さく、エリアを終えた後、次から次へテレポートしました。

-ソルハイムはフラッシュバックのカットシーンで多く見ましたが、その時代の住民のほとんどは死んでいましたが、エリアではありませんでした。

あくまで個人的な所感ですが、6項のリークを元にした創作ですね。
インタビューで語られた「悲惨さ」が全くなく、むしろ「王道ストーリー」のように思えます。(一般受けはしそう)
第3部まで召喚獣が登場しないというのもゲーム的観点で可能性が低いです。
ー2019/11/15


13.2017/7/1 ヴェルサスコンセプトアート

同日大阪で開催された『FF15』コミュニティイベントにて披露されたコンセプトアート。
イベントの様子はゆるペリに動画配信が残っている。
このアートがヴェルサスのものか『FF15』として初期のものなのかは分かりませんが、このコンセプトアートの一つ一つに対して、言わば「勝手に」コメントされてます。

本日、スクウェア・エニックスは、ファイナルファンタジーのファンと関連するプレス向けにコミュニティイベントを日本で開催しました。
完成したゲームにすでに存在し、ガイドやUltimaniaの本などで公開されているキャラクターや場所のコンセプトアートなど、他のファンサービス資料の中で、参加した人々はゲームの前の段階の未使用のアートワークやスケッチを見ることができました。
(何度も書き直され、Fabula Nova Crystallisのスピンオフ、Final Fantasy Versus XIIIからFFフランチャイズの最新のメインラインであるFinal Fantasy XVに進化しました)
Twitterユーザーのおかげで、イベントの写真がいくつかあります。

すべての芸術作品は「ファイナルファンタジーXV」のコンセプトアートとしてブランド化されており、すべてが同じバージョンの台本とこれらのアイデアが開発されたタイムラインからのものであるかどうかは述べられていません。




最終版から削除されたファイナルファンタジーヴェルサスXIIIの主人公、ステラ・ノックス・フルーレの未使用デザイン。

ステラノックスフルーレは、ゲンティアナと交流し、ゲンティアナのオリジナルデザインは白い腕の鎧を着ていました。

ゲンティアナと黒いローブを着た正体不明のブロンドの女の子と対話するレイヴス。

電話で話すノクティスとステラ。

NoctisはUmbraの人間のフォームと対話します。

Verstaelと正体不明の男性キャラクター。

NoctisとRavusのコンセプトシーンは、オリジナルのVersusトレーラーのシーンに似ています。

正体不明の男性キャラクター、おそらく最終ゲームからのディーノの大まかなバージョン。

オルティシエ侵攻のシーン、レイヴスの代替デザイン?正体不明の敵の戦い。

フルコンセプトアート博覧会の概要


古い場合、ゲームが始まる前にこっそり私を殺してください。

シドニーの絵にサインがありフェラーリ氏により描かれたものであることが分かります。
9項によるとフェラーリ氏は2013年にチームを去ったらしいのでヴェルサスのコンセプトアートである可能性は高いかもしれません。
貼ってる画像は問題があれば削除します。
-2019/12/3


14.2018/1/2 ヴェルサス15等のリーク

4chanに投稿されたリーク。ヴェルサス15だけでなくFF7RやFF16、FF17に関しても言及されている。
ヴェルサスに関するものは答えがないためいくらでも創作できますが、7Rに関してはリークの答え合わせがすぐにできるので真偽を判別するのが簡単です。


序文

元スクエニの従業員であるHHからの明けましておめでとうございます。
スクエニが2018年中に発表する主なタイトルに関する情報を以下に示します。

重要:このリストのすべての項目が明確に設定されているわけではなく、特に最も計画的なタイトルについては、変更が発生する可能性は低くないことに注意してください。

-現在、SquareEnixのファイナルファンタジー関連スタッフのほぼ全員が、Kingdom Hearts III、Final Fantasy VII REMAKE(Episode 1)および(程度は小さいですが)Final Fantasy Type-1(現在「Final Fantasy Type-Next」として知られています)に集中しています。

-KH3は2018年に、FF7Rパート1は2019年初頭にリリースされます。(すべてがうまくいけば、2019年以前に起こる可能性もわずかにあります)
Final Fantasy Type-1に関しては、最初からPS4タイトルになりますが、いつ完成するかはわかりません。

-KH3とFF7Rの最初の章がリリースされた後、次の大きなプロジェクトは、Final Fantasy VII REMAKE(Episode 2)、Final Fantasy Versus XV、Final Fantasy XVIです。

-FFVersusXVとFF7Rの第2部がリリースされた後、Final Fantasy VII REMAKE(Episode 3)とFinal Fantasy XVIIの開発が開始されます。

-Final Fantasy Versus XVはKH3が完了した直後に開発を開始し、PS4でリリースします。
Final Fantasy XVIはすでに開発中です(FFXV開発の変更により、FF16の作業はしばらく保留になりましたが、ごく最近再開されました)。
PS4とPS5の両方でリリースされます。
ファイナルファンタジーXVIIは初期のコンセプト段階にあり、PS5専用です。

-ファイナルファンタジーX-3の計画はまったくありません。

-スクウェアエニックスは、新しいファイナルファンタジータクティクスおよび/または新しいファイナルファンタジークリスタルクロニクルおよび/またはファイナルファンタジーIXリメイクの可能性を検討していますが、現時点ではそのための具体的な計画はなく、実際に発生する可能性はまだ非常にわずかです。

FF7R
-Final Fantasy VII REMAKEは3つのエピソードで構成されます。
タイニー・ブロンコを盗むことはエピソード1の終わりとエピソード2の始まりを意味し、ミッドガルへの帰還(パラシュート)はエピソード2の終わりとエピソード3の始まりを意味します。

-ゲームの構造は、現代のオープンワールドと古いワールドマップスタイルの中間になります。
技術的に言えば、すべてがシームレスで完全に探索可能であるという意味でのオープンワールドですが、町を離れるとビジュアルが徐々にズームアウトし、プレイヤーがオーバーワールドにいるときにクラシックなワールドマップをナビゲートする印象をプレイヤーに与えるために、移動速度が大幅に増加します。
逆に、町に入ると速度が低下し、カメラがズームインします。
この種の遷移は、ランダムエンカウント時にも発生します。

-オープンワールドでより速く動くために、あなたは神羅ビルから脱出するために使用したのと同じオートバイを持っているでしょう。

-スペース上の理由により、一部のロケーションの配置がわずかに変更されました。
たとえば、Midgarは(世界地図との関係で)元のサイズよりもはるかに大きく、Midgarエリア全体のほぼ半分を占めます。
ジュノンも同じような膨満感を経験し、程度は低いもののコレル山はやや南東に移動し、コレルエリアのほぼ全山岳地帯を占めるように拡大されました。
最大の変化は大氷河に関するものです。
アイシクルロッジの南東に移動し、アイシクルエリアの雪地帯のほぼ全体を占めます。
これは、アイシクルロッジに入る前にそれを横断する必要があることを意味し、スノーボードトラックは、代わりにガイアの絶壁のすぐそばに連れて行ってくれます。

-戦闘システムは、KHのようなアクション戦闘での元の「重ね合わせ」のようなATBターンベースのシステムを特徴とします。
より詳細には、アクションゲームのように、リアルタイムで自由に動き回ったり、ジャンプしたり、攻撃したり、防御したりできます。
一方、古典的なATBバーのように時間が経つにつれて満たされるタイムゲージがあります。
バーがいっぱいになると、コマンドメニューがポップアップし、戦闘の流れを中断することなく、オリジナルのように、魔法、てきのわざ、召喚などの目的のコマンドを選択できます。
また、すべてのキャラクターには独自のタイムゲージがあるため、常に1つのキャラクターを操作している場合でも、ゲージがいっぱいになったときに他のユーザーにも簡単にコマンドを入力できます(キャラクターを切り替えることはできます)。
このシステムは「アクションターンバトル」と呼ばれ、好評を博している場合は、今後すべてのメインラインFFの「代名詞的な」戦闘になる予定です(元のATBが古いエントリからのものであったように)。
タイトルごとにわずかなバリエーションがあります。

-今回は、ゲーム全体で本当に取り逃す要素はありません。
オブジェクトやマテリアなどを入手するのを忘れても、ボーンビレッジの発掘調査で入手できます。

-今回は、いつでも好きなときに忘らるる都(忘らるる都の水中部分)に再び入ることができます(ただし、エアリスを復活させることはできません...)。

-「Water Materia」(ユーザーが魔法ウォータ、ウォータ2、およびウォータ3を使えるようにする)と「Wind Materia」(ユーザーが魔法エアロ、エアロ2、エアロ3を使えるようにする)と呼ばれる2つの新しいマテリアがあります。

-ジュノンを攻撃するウェポンは、現在「サファイアウェポン」と呼ばれています。
あなたはそれと戦う必要があります。

-FF7コンピレーションのイベントとキャラクター(アンジール、ジェネシス、ホランダーなど)は、一部のNPCまたはシークレットカットシーンとのオプションの対話でヒントが得られます。
それは彼らが起こったことを暗示していますが、メインのプロットにほとんど重みを負わないでしょう。

FFヴェルサス15
-Final Fantasy Versus XVは、Final Fantasy XVの再構築/再話/代替バージョンになります。

-ゲームは別の現実に設定されます。
XVのイベントは、ノクティスの夢に過ぎないことが暗示されます(そのため、ノクティスは玉座で眠っている姿を見せられます)。

-今回は世界が完全に探索可能になります。
あるトレーラーに表示されたマップモデルを覚えていますか?
それがVersusXVの世界地図になります。

-インソムニアも存在し、完全に探索可能です。
侵略が発生すると、あなたはそこにいるでしょう。
当初は計画されていたが、最終ゲームにに作られなかった他の都市や地域、たとえばグラレア、ソルハイム王国(中東に大まかに基づいている)、テネブラエの首都などは現在探索可能です。

-プロットはゼロから完全に書き直され、野村が望んでいたすべての要素が登場します。
ステラ、「期限切れの魂の光を見ることができる目」、ソルハイムの国など、キングスグレイブに関連するすべてのものは完全に削除されます。

-戦闘システムははるかにKHに似たものになりますが、FFXVで見たワープストライク、カウンター/パリーなどのすべてを保持します。
また、以前のVersusXIIIトレーラーで示されているようなキャラクター切り替えがあります。

-パーティーメンバーの行動を指示するためのガンビットのようなシステムがあります。

-フェンリル、フェニックス、オーディン、アレクサンダー、メイガスシスターズを含む新しい召喚獣が登場します。
イフリート、バハムート、そしてナイツオブラウンドは今回召喚できます。

-ルーナは存在しません。
しかし、ステラは戻ってきて、ゲーム全体のほぼ半分でプレイ可能なパーティーメンバーになります。
また、一部の特定のミッションでは、ゲストキャラクター(Cor、Cindy、Araneaなど)を短時間使用することができます。

-エトロが最後のボスになります。
FF7のラスボスからインスピレーションを得た、壮観な最終決戦で彼女と戦います。

FF16
-ファイナルファンタジーXVIのゲームカバーは、ロゴが付いた単なる白い背景(またはおそらく黒)に戻ります。
ロゴは左側に大きなバラで、右側にはたくさんの花びらが散らばり、いくつかのとげのあるつるが文字の周りに巻きついています。
その色は濃い赤になり、端に向かって緑に変わります。

-サウンドトラックの大部分は植松伸夫が作曲します。

-FF16のオリジナルコンセプトは「Agni's Philosophy」トレーラーに示されていましたが、それ以降、ほとんど何も残っていないという点で完全に変更されました。
ただし、何らかの形でゲーム内に存在する可能性があります。

-FF16は、ほぼ完全にファンタジーの世界に設定され、時折スチームパンクな要素が含まれます。
出発地は中世/ルネサンスのヨーロッパに触発され、メインタウンは一部はFF15からのオルティシエに、一部はテネブラエに似ています。
しかし、ゲームの世界の大部分はさまざまなアジア文化に基づいており、一部の地域は古代アラビアに触発され、多くは古代中国とインドに触発され、一部は帝国ロシアにも触発されます。

-ゲームはほぼすべての面で大規模になるはずです。
世界はFFVersusXVのシリーズをも超えてシリーズで最大となり、町や洞窟を含む40以上の異なる場所が含まれます。
メインプロットだけで約150時間かかり(多数のサイドコンテンツは含まれません)、50以上のプロット関連キャラクターが表示されます。

-サイドクエストは比較的少なくなりますが、秘密のエリア、モンスター、オブジェクトなどが大量にあります。
また、チョコボレーシング、ドラゴンマウント、4種類のカードゲーム(FFIXのテトラマスターに似た1つ、他の3つはクラシックポーカーのようなカードを使用してプレイされます)およびモーグリとしてプレイする2Dサイドスクロールミニゲームを含む、多くのミニゲームがあります。

-メインキャラクターは、長い巻き毛のブロンドの髪と燃えるような赤いゴシックロリータドレスの少女です。
彼女はレイピアで戦う。
彼女のデザインからのインスピレーションの源は、チャイカ(棺姫のチャイカから)、エイミー(ソウルキャリバーシリーズから)です。
人格的には、彼女はライトニングに漠然と似ています。

-2番目の主なプレイアブルなキャラクターは、茶色のコート、フェドラハット、大きな散弾銃を持つ背の高い中年男性です。
彼はややシンジのようなキャラクターになります。
メインパーティーには、グループの黒魔道士となる紫の服を着た非常に古い魔女と、素朴な手で戦うが、FF6からガウのような敵のスキルを学ぶことができるややオッキーで傲慢な態度を持つ毛皮のような少年も登場します 。
ストーリーの重要な他の多くのキャラクターも計画されており、パーティーのメンバーである場合とそうでない場合があります。
たとえば、白髪と白衣を着たマッドサイエンティストのようなキャラクターがいます。
また、より大きな胸を持つエアリスのわずかに成熟したバージョンのように見えるが、緑色の服を着ている女性がいます。
次に、ソウルキャリバーのザサラメールに似た白いマントに黒人男性がおり、ブロンドの髪と輝く水色の鎧を持つ若くてハンサムな兵士がいます。
Agni's Philosophyに登場した女性も存在しますが、彼女は違って見えます。

-ゲームの構造は、ファイナルファンタジーVIIリメイクと同じになるように計画されています(つまり、オープンワールド/ワールドマップハイブリッド)。
ストーリー中のさまざまなポイントで、船、飛行船、チョコボ、ドラゴン(飛行するものを含む)などのさまざまな乗り物とマウントを使用できるようになります。
また、特定の場所を高速で移動できるある種の「列車」があります。

-ゲームバトルシステムは、FF7Rのわずかなバリエーションに変化しています(上記を参照)。
つまり、好評を博している場合。

-キャラクターの成長システムはFFXのスフィア盤に似ていますが、もっと複雑になります。
 3種類の球体グリッドがあります(明らかにシステムの実際の名前ではありません)。
個々のもの(各キャラクターは、FFXIIIのクリスタリウムのような独自のものを持っています)、武器ベースのもの(キャラクターとは関係なく、武器の能力を決定する武器ごとに1つ)、および集合的なもの(さまざまなFFXのようなキャラクター)。
後者により、キャラクターはチームの戦術と複合攻撃を学ぶことができます。

-FFVersusXVのガンビットのようなシステムもここに存在します。

FF17
-ファイナルファンタジーXVIIのロゴは大きな螺旋銀河になります。
その色は濃い青で、銀河の中心近くで淡い黄色に変わります。

-FF17のメインコンセプトは「スペースファンタジー」です。
ゲームは、宇宙に設定されている間、完全にファンタジーの外観と雰囲気を持つように計画されています(キャラクターデザインに至るまで、後期FFの写実的な外観を放棄して、漠然と超変形した「アニメ風」スタイルに戻ります )。
インスピレーションの主な源は、スタイル的には、ファイナルファンタジーIXとファイナルファンタジーIVです。

-ゲームには、さまざまな惑星(おそらく最大20)、いくつかの巨大な惑星、月や小惑星のような非常に小さな惑星があり、また、たくさんのサイズの異なる宇宙船、宇宙ステーションなどがあります。
さまざまな惑星/ステーション間を移動するには、キングダムハーツで見られるようなグミシップのようなミニゲームを行う必要がありますが、個々の惑星はそれぞれ独自の方法で探索できます。
いくつかは完全にオープンな世界であり、他の多くは小さな別々のエリアをたくさん持つなどです。
ただし、ゲームの多くのストーリーは宇宙で設定されます。

-ゲームは、シングルプレイヤーであり、プロットドリブンのままですが、「戦友」拡張後のFFXVまたはXenoblade Chronicles Xと同様の方法で、多くのオンラインマルチプレイヤー要素を備えています。

FF7Rについて現時点での公式情報と矛盾しているので、ヴェルサス15を含む他のタイトルについてもフェイクであることはほぼ確定してますが、一応最終的な答え合わせは7R発売後となります。
とはいえ、2019/6のE3で初披露となった戦闘システムをなんとなく当ててるのは凄いですね。


15.2018/2/20 ヴェルサス設定リーク

mognetcentralに投稿された設定リーク。
私が把握する限りで日付的に一番遅くに出たリークで、シナリオについては少な目です。
真偽を判別する材料は特にないですが、基本的にリークは早ければ早いほど信憑性が上がるので、一番遅いとなると自ずと信憑性は下がります。

FFXVersus XIIIについての真実

私は今、大きなプレッシャーを感じています。
それをしている理由が3つあります(私の一部は正しくないと感じています)。

1.私は強気なたわごとをする人々、間違ったことを隠している企業、疑問や反対をまったくしない人々に疲れている。
たとえそれが真実であっても、彼らは何も信じないからです。

2.私はこの情報をずっと前に保持しており、スクエニからVersus XIII / FFXVの野村は決して終わらないものであり、田畑はそれがただの未完成の概念であると言ったと聞いたとき、私の中で何かが燃えています。

3.運命のため、私はここに来て、いくつかのデータについて読み、それは火花であり、私が知っているすべてを解放しなければならないという信号でした。

始めましょう、できるだけ早くなるように努力しますが、その大部分は、私が野村チームのために話していると言えます。


まず、あなたがいつも夢見ていた(私も含めて)のヴェルサスは、彼らがリリースしているティーザーとコンセプトに対する私たちの認識でした。
現実には、あなたが望むヴェルサスXIIIはあなたが得るものですが、彼らは1つのゲームで編集し、それから彼らは1つのゲームでそれを得るためにすべてを再構築するために多くのものをカットしなければなりませんでした。
ストーリーの主な核心とトーンは常に同じでした。
私たちが作ったティーザーを責めるために、ゲームは常にクリスタルを回復するための彼の友人との旅になることを意図していました。
夜が長くなり、暗闇自体、シガイと実験は常にヴェルサスXIIIの物語の中核でした。

サーガには3つのゲームがあり、オリジナルアイデアは2020〜2021年に完成することでした。

そのFFヴェルサスXVまたはその他を忘れてください、それは完全に偽物です。

変更には、可能な限り多くのものを維持しようとするために、カット、再変換、さらには混ぜることさえしなければならないことがたくさんありました。


1. Etroは田畑チームではなく会社の決定で変更されました。
なぜならそれはナンバリングタイトルだったので、彼らは人々の死と犠牲に関連する実体(彼女が最後まで物語にかろうじて登場した)を保存したくなかったからです。
指輪はもともとエトロからでした。
それが彼らが彼女を置き換えるために歴代王を作成した理由です。
または、私は「作成された」と言う必要があります。
それらは既存のものでしたが、他の役割を持っていたからです。
彼らは単に会社のためにエトロの役割を引き受けました。

2.ステラ。
彼女はノクティスと他のキャラクター(あなたを怒らせる)が彼らの運命を満たすための単なるプロットデバイスでした。
彼女は物語の早い段階で死に、ルーナのようにパーティーの後に再び会うことは決してない。
ルーナは実際あなたが思う以上にたくさんのステラをリスペクトしていました。
問題は、彼女が亡くなったときであり、私に方法は教えられませんでしたが、物語に登場したとき、次の変化、この場合は省略です。

3.夢の世界。
それは、ノクティスが夢を通してレギスやステラなどの特定のキャラクターと話すことができる物語の一部であり、そのポイントは、彼らがノクティスをサポートしている間に何が本当か夢であるかを自分自身に問いかけることでした。
彼は眠っている間に死んだ人たちと話すことができ、ステラは最後まで不変でした。
彼はいつも夢を見ていましたか?
本当に本当は何ですか?
それは失われたヴェルサス魔法の一部であり、野村にとって非常に重要でした。
田畑は、ストーリーを極限まで単純化したかった。
彼らは複雑ではないリニアの物語を望んでいたので、彼らはそれをとても複雑で無意味だと考えたので、ほぼ完全に削除します。

4. LUPUS・ノックス・フルーレ。(偽のリーク者の誰も彼に名前を付けなかったのはなんて大惨事...)
彼はもともとはステラの兄弟であり、彼は他の選ばれた者でした。
しかし、この再構築のために、私は彼らがやったことを個人的に嫌って同時に理解していますが、彼はひどく格下げされなければならず、彼らは彼の一部を帝国の他のメンバーと融合させました。
その後、レイヴスが生まれました。
ゲームが持っているプロットのひねりの1つは、おそらくすべてのクリスタルが死んでいたということです。
しかし、最終幕では、Lupusがクリスタルが死ぬ前に(彼の)クリスタルパワーを得るために指輪を使用していたことがわかります。
そして、はい、アーデンはすべてのクリスタルを犯しました。
そして、はい、最後の戦いでノクティスとLupusはリングを使って一緒にアーデンと戦います。
野村チームはその決定に特に動揺しており、Lupusは野村の好きなキャラクターの1人でした。
Ravusは、Lupusがキャラクター、デザイン、性格、目標に基づいたすべてのものです。
彼が選ばれたものではないことと、彼がたわごとのように扱われたことを除いてすべてです。
*少なくとも2つは選択されたと思いますが、それらについては私はチームから教えられませんでした。私はただ1000%オフィシャルであると言いたいです。

5.アーデン。
尊敬されたキャラクターは、少なくともかなりの割合でアーデンでした。
彼はルシス・チェラムだけでなく、フルーレでもありました。
田畑のFFXVが1つだけ選択され明確に再構築されたため、彼らは自分たちがしたことをしなければなりませんでした。
彼は最初に選ばれ、すべての単一クリスタルを殺したかっただけです。

6.神々。
本来、リヴァイアサン、タイタン、またはFFXVで見られるような召喚獣はそれらのどれも神々ではなく、本当の神々はクリスタルの中にあるものでした。
あなたが望んだ際にFFXVで見るものはただの自然の力であり、帝国は彼らの力に取りつかれ、彼らはその力を得るために追いかけようとしていました。
繰り返しますが、再構築のために彼らは彼らを神々にしなければなりませんでした。
私は彼らに物語の本当の重要性と一貫性を与えることになっていた。

7.タイムトラベル。
それは彼らが省略した他のことでしたが、同時に示唆されました。
ヴェルサスXIIIの物語の一部は、Umbraのおかげで起こりうる出来事を変えるためにタイムトラベルしていました。
それは重要な部分でした。
そのポイントは、ノクティスが彼が生きていたすべての悲劇を受け入れなかったということでしたが、最終的に彼はあなたが何を変えようとしても運命が何​​を望んでいるかを理解します。
再び、再構築のために、ヴェルサスには夢の世界とその時間旅行のように少し複雑な特定の事柄がありましたが、田畑は直接複雑でない物語を望んでいたので、そのようなものは好きではありませんでした。

8.キングスグレイブ。
Kingsglaiveと指したとき、私は王の剣だけでなく、映画自体も言及します。
王の剣は田畑のアイデアだったと知っている人もいるかもしれませんが、あなたが知らないのは、野村チームが持っている憎しみです。
彼らはなぜ映画を作るのに多くのリソースを浪費し、Nyxを作ってノクティスに取って代わるのではなく、Noctisを主人公にしないのか理解していない。
彼らは、FFXVを作成するときに行ったいくつかの決定を理解していませんでした。


それは私が知っているすべてであり、皆さんが感謝し、手放すことを願っています。
私の結論は一つです。
田畑がしたことを好む人や、野村のビジョンを好む人がいるかもしれません。
私にとっての本当のポイントは、良くも悪くもなることではなく、元のアイデアを尊重することです。
彼は部分的にやったと言うことができますが、野村にとって非常に重要なことは投げられ、田畑はあなたが想像するより多くのことを尊重したかもしれませんが、彼はこのようなタイトルに魔法をかけるような詳細な部分を排除しました。

会社では、野村チームは田畑達を見ることができず、逆もまた同様です。
同社はそれを隠そうとしていますが、昨年見たFFXV 2013の公式コンセプトは、田畑達のビジョンとほとんど違いがないと思うように人々をだますために事前に計算されました。

それはすべてだと思います。
みなさんと私を信頼してくれたLeonBladeに感謝します。
みなさんおやすみなさい、今とても気持ちがいい。


番外.FINAL FANTASY Haeresis XIIIの商標


2008/7/1に発行され、2011/4/25に放棄されたHaeresisXIII(アエレジス13?)の商標。
ラテン語で「異端」を意味するらしいです。
「ファブラノヴァクリスタリス」プロジェクトの発表が2006/6で、『FF13』が2009/12発売なので、その間にVersus、Agitoの他にさらにもう一つ計画してたということですね。


おまけ.各種インタビュー

直良氏インタビュー
アートディレクターの直良氏への英語インタビュー。
動画があり字幕が表示できないので内容は分かりませんが、少しだけヴェルサスに触れてるみたいです。

開発チームインタビュー
FF15公式ブログ内での開発チームへのインタビュー。
これは単に私が見たことなかったので貼りました。



以上、結局15個ものリークが見つかりました!
本物と断言できるのは出所がはっきりしてるフェラーリ氏リークとコンセプトアート。
個人的に信憑性が高い(おそらく本物)と判断してるのは、FF15発売前ネタバレリークと、2016/12/5~9に投稿された元開発者関連の3つのリークです。

ちなみに、私は今はゲームにシナリオは重視してないですがバッドエンドは大好きだったりします。
悲惨な話と言われてるヴェルサスには、個人的に初代「DOD(ドラッグオンドラグーン)」並みの鬱展開を期待してるので、FF15の資産を流用して安く作れるなら是非発売してほしいですね。


また、ちょっと経営視点で補足しておくと、ヴェルサスを復活するとしても一から作ることはせずFF15の流用前提になると思います。
なぜなら、企業としての売上予測はFF15の半分になるからです。(結果的に売れるかどうかと無関係)
CCFF7、FF10-2、FF13-2等の続編やFF零式、FFT、FFCC等のFF外伝タイトルの世界売上はナンバリングタイトルの半分以下が目安となる(ドラクエも同様のはず)ため、「ヴェルサス」というタイトルにする以上はその程度の売上予測で通期予想を立てないと株主からネガティブに捉えられます。
「ヴェルサス13」や「ヴェルサス15」というタイトルだと、何も知らないカジュアル層にとっては元となった作品をプレイしないといけないと思われ新規で買いにくくなるのは当たり前で、ヴェルサスにナンバリング並みの開発費を投入するとしたらただの愚策です。
そういう意味ではファブラノヴァクリスタリスでそれぞれに「13」というナンバーを用いながら資産を流用しなかったのは愚策でしたが、最終的には安価な携帯機向けと正式ナンバリングタイトルに変更し、資産の流用を13シリーズで実現したのは英断だったと思います。
ー2019/12/6




↓拍手頂けると更新の励みになります。

拍手[1回]

PR

コメント

コメントする