『P3R』(Persona 3 Reload、ペルソナ3 リロード)の感想&プチレビューです。

レビュー方針は以下の通り。

レビュー方針

●動かす楽しさ、自由度、戦闘システム、成長要素やカスタマイズ性などゲーム媒体ならではの体験を重視

●プレイせずとも動画で見れたり存在しない場合もあるためストーリーの良し悪しは採点対象外

●ジャンルを問わず一緒に戦う仲間がいないゲームは問答無用で-10点相当
⇒個人的な絶対指標であり一人旅だったり好きなレースゲー音ゲージャンルなども最大90点となる

●好きなジャンルであるアクションRPG(ライク)は加点

●動かす楽しみが損なわれるので奥行きのない横スクや3Dでもジャンプできない場合は減点

●順序や分岐などプレイヤーによって体験が変わるストーリーであれば加点

●イベント(カットシーン)や戦闘やロードが長い多いなどテンポが悪いと減点

●サブクエ、エンドコンテンツ、ミニゲーム、周回要素などでボリュームがあれば加点(水増しや作業感の強いものはNG)

●苦手な一人称視点は減点(ホラーなら許容)

●世界観、キャラクター、衣装チェンジ、モーション、フィールド、グラフィック、アートデザイン、イベント演出、BGM、SE、エフェクト、物理演算、オブジェクト破壊、ボイス対応、販売価格などは好みで加点

●装備破壊、所持数や重量制限、空腹度、ダッシュ時スタミナ消費、取り返しのつかない要素などめんどくさいだけの仕様は基本的に減点(ダンジョン攻略や戦闘中のみの難易度の一環になっていれば許容)

●操作性、UI、キーコンフィグなどのアクセシビリティ、チュートリアル、解像度、フレームレート、翻訳品質などはプレイした時期の標準未満であれば減点
⇒全体的な「遊びやすさ」であり必然的に古いゲームや小規模タイトルは点数が下がる

●新たな体験に繋がるこれまでにない新規性や革新性があれば加点

●遊びの幅が拡張されるMODやチートがあれば好みで加点

各項目の加減点に上限はない
⇒ある項目が突出して良かったり悪かったりすればそれに依存した点数となる

1.概要

アトラスによる2024年に発売されたジュブナイルRPG『ペルソナ』シリーズ3作目のリメイク。
元は2006年にPS2版オリジナル、2007年に拡張版の『ペルソナ3フェス』、2009年にPSP向けの『ペルソナ3ポータブル』があり、リメイクである『ペルソナ3リロード』では過去作の追加要素などはDLC販売される様子。リメイクではグラフィックや楽曲やUIが刷新されているとのこと。

高校生としてリアルな学園生活を過ごしながら現実世界の裏にあるダンジョンを攻略しつつ「ペルソナ」と呼ばれるモンスターを宿し各種能力を使ってバトルできることが特徴。

項目内容備考
発売日2024/2/24
ハードPC/PS4/PS5/XboxOne/S/X
外部ストアなし
メタスコア87PS5版
ユーザースコア8.5
オープンスコア88
モビースコア8.5
Steamレビュー95%圧倒的に好評
Amaonレビュー4.7PS5版
ゲームカタログなし2024/5/2以降解禁
平均クリア時間81時間
ストーリーを教えて貰うwikiここオリジナル版
各スコアは執筆時点のもの

2.購入価格やプレイ記録

『ペルソナ5』が非常に評価が高く興味はあったもののアニメを見て満足してしまいプレイする機会がなかったが、ゲームパスでデイワン配信されたため先着無料でゲットしたPCゲームパス3か月分の加入期間中の2024年2月にシリーズ初見でプレイした。
他に『ペルソナ4』『ペルソナ4ゴールデン』もアニメ視聴済みでこちらはとても面白かった。

普通にクリアするだけで100時間かかると聞いていたのでクリアする気は全くなく、4時間でどんなゲームなのかを体験しただけ。面白かったら継続する可能性はあった。

3.プチレビュー

今や『ペルソナ』の代名詞となっているおしゃれなBGMとUIが素晴らしい
シリーズ何作目からこの路線になったのか知らないが、ボーカル付きのR&Bやジャズ楽曲をBGMに採用したのは本シリーズだけとも言える独自の魅力となっている。
UIについても同様にポップでカラフルながらも統一感のある魅力的な見た目となっている。とはいえ、装備変更など使いやすいわけではなかったので画面遷移や階層はもう少し工夫してほしいところ。
そして、本作で加点できる要素はこれくらい。

世界観は日本のリアルな高校生活を過ごしながらダンジョン攻略をするという『ペルソナ』だけのオリジナリティのあるものであるが、残念ながら加点するほどの好みではなかった。現実世界がそのままダンジョンとなっていたら加点できたように思う。

最大の不満点としてテンポが悪すぎる
開始してひたすらキャラクターや状況説明のイベントが続き、ダンジョン攻略=自由に戦闘ができるまでに約2時間もかかった。途中で眠くなったほど長い。
このダンジョン攻略をしつつ学園生活として授業や部活やアルバイトを自由に行い、ギャルゲー(未プレイ)のように主人公の魅力などを上げていくのだが、これをゲーム内の1日単位で実行しないといけない。実行するたびに何かしらイベントが起こるようなので、おそらく高校1年間約360日分の行動を選択してイベントを見るサイクルが続く。開始2時間イベントばかりで満腹なのにそれが1年間続くのは耐えられる気がしない。
さらに、ダンジョン攻略もランダム生成される「タルタロス」という迷宮をひたすら進むだけであり、いわゆるRPGのような冒険感はない。プレイした4時間でボス2体撃破して10層程度、これがゲーム内4月時点だったので、先を想像するだけで継続する気になれなかった。プレイ後に検索した結果、想像の倍以上の階層があると知って余計に辞めて良かったと思った。

戦闘システムについてはオーソドックスなターン制コマンドRPGであり、敵全員の弱点を突くと一斉攻撃できるという特徴はあるものの特に評価できるものでもない。(ターン制RPGは基本的にテンポが悪いためシステムがよほどよくない限り加点対象にならない)
とはいえ、4時間プレイではチュートリアルに相当する部分であり、ペルソナ合成の真価も体験できていないので進めれば面白く感じた可能性はある。

また、体験出来てない部分として本作には主人公+9人もの仲間がいる様子。
学園生活を通してキャラクターとの絆を深めたり戦闘でも特徴のある能力をもっていれば魅力を感じて加点要素となった可能性はある。

もう一つ残念な点としてリメイクにもかかわらず自由に移動できる街が視点固定で非常に狭い。おそらく原作準拠の描写であり高校生の行動範囲としてはリアルかもしれないが、『龍が如く』ほどでなくてもいいのでリメイクに合わせてカメラ回転可能なコンパクトな街を作り上げてほしかった。この点は明確に動かす楽しさが損なわれているので減点要素。

MODNexusに30程度投稿されている。本作はMODフレンドリーなUE製なので今後も増えると思われる。

4.個人スコア

60点/100(最大100点)

※点数はレビュー方針に沿った感覚的なもの。70点あたりがSteamでおすすめするライン。

4時間プレイではBGM/UIの加点を上回るテンポの悪さで大きく減点して50点相当に感じたが、初日ゲームパス配信で+10点とした。
クリアする気はなくとも10時間程度プレイすれば70点以上になる可能性は感じる。
劇場版アニメがあるので今度見る予定。

-2024/3/19

↑いいね貰えると励みになります